amigos airplane

イラストレーター&DJ、小池アミイゴ(amigos koike)本人による活動記録。
作品やイラストレーションの仕事の紹介。
唄のためのイベント「our songs」 のインフォ。

プロフィール

カテゴリー

”カフェばか日誌”について

福岡のカフェsonesと東京に住んでいるボクとの往復書簡で生まれた作品です。
テキスト:木下恵深(sones)
イラスト:小池アミイゴ

最近の投稿

最近のコメント

過去の投稿

LINKS

記事検索

Tシャツデザインの審査

今日はフジフィルムモール内にある、アーティストのためのショッピングモール「デザインガーデン」で公募された“音楽を感じるTシャツデザインコンテスト”の審査をしてきました。


14時30分、南青山フジフィルム本社で、サイト上で集まった約250点の作品の審査スタートです。

審査委員はボクの他にjazztronikの野崎 良太さん
日本のTシャツ作りの先駆けである久米繊維工業株式会社の方々や、
マイスペース、USEN EYESCREAM編集部、デザインエクスチェンジなどなどでした。

 

ボクの名刺は嘉瑞工房の活版印刷に名前だけ手書きしているのですが、
久々の大量名刺交換に、サイン会のような風景を作ってしまい、ちと反省でした。


審査は思った以上に楽しいものでした。

それはやはり身に付けるものだからでしょうね、Tシャツが。

ただカッコ良くても、じゃあこれをダレがどんなシチュエーションで着るのか考えると、
まったく魅力を感じないものになってしまったりしてね。

審査員の中で絵を描くのを生業にしているのがボクだけだったので、
審査を引っぱる役割になったのですが、
集まったみなさんも、それぞれの現場で経験を重ねてこられた人ばかりなので、
なかなか的確で厳しい意見でもってバッタバッタと切り捨てて行った、
そんな感じだったでしょうか。
いや、なかなか熱かったです!審査員。

その熱さに比べて集まった作品、
う〜〜〜ん、、
なんかみんな優等生なんだよね。

総じてオシャレ、手堅い、でもちょっとしゃべり過ぎ。
それもミスを先回りして言い訳してるようなおしゃべり。
しかし決してはみ出ない、
もっとFUJIFILMなんて大企業の喉元にナイフを突きつければいいのにな。

やっぱその道でガッツリ仕事してきたオヤジ審査員どもには、
そんなこんながバレバレに感じてしまうんだね。

この事は、普段の自分の仕事でも気をつけなきゃならないことであって、
やっぱ気持ちも手も振り切れた表現が人の心を動かすわけなんだね。

ちなみに、今日ボクが着て行ったTシャツは“SLOW”とだけプリントされたヤツ。
そのシンプルさがなんか一人勝ちって感じだったわけで、、
みんなもっと熱くなろうぜ!

で、審査結果は、、
公式サイトでの発表を待ってくださいね〜!

まあかなり辛口な審査だったかもしれないけれど、
とても面白い試みだと思うので、
2回、3回と続けることでナニか面白いムーブメントが起こるかもね。
そうご担当のTさん&Yさんと話したのでした。


そんなこんなで予定より30分早く16:30審査終了。
みなさん、オツカレさまでした!!

ところで、ボクのTシャツぶっ飛び原体験は、
T-REXのマークボランがミッキーマウスのTシャツ着てる映像を見て、
「うわ〜〜カッコ悪りぃー!!てか、カッコいい!!!」とねじれて感じたことでした。


ところで、久米繊維の生成りのオーガニックコットンTシャツをサンプルとして頂いたのだけど、
いいね〜、コレ!
気持ちいいー!!

今度ナニか一緒に作れたらいいですね、なんて話をすることが出来たので、
う〜〜ん、これはナニか一発ワルダクまねば、なのだ。

| 2007.11.15 Thursday 02:26 | 雑記 |comments(8) | trackbacks(1) |

コメント

小池さんなら、どんなTシャツのデザインをされるのだろう?
是非とも拝見してみたいものです。
|ナイフ|2007/11/23 10:04 AM|
>ナイフさん。
今までかなりの枚数のTシャツを仕事で作りましたが、
あまり自分で着ないのですね。

たとえばイベント用に作ったTシャツをみんなで着てたりすると、ボクは脱いでしまったり、
まあひねくれモンなわけです。

作り方はおおまかに

ボクがイラストを描いてデザインは人に任せたもの、

ボクがデザインアイデアまで持ち寄り、最後はデザイナーさんにお任せしたもの、

ボクが全部自分でやってしまったもの、

この中では真ん中のやり方でやった場合が一番気に入ったモノになり、実際に売れたりもしました。

さらに、販売する現場の人のアイデア、ボディーやプリントの色、サイズなどをきちんと相談した場合は、もっと多くの人にヨロコンでもらえるものになります。

そこまで出来、毒も薄まっていなければ自分でも着ます。

ボクの毒とは一瞬万人受けする「カワイイ」もの、しかし関係者にとっては「腹立たしい」のスレスレだったりで、結局万人受けはしないのかな?

以前あるバンドのTシャツを作って、これはかなりの熱でもってデザイナーさんと打ち合わせして納得出来るものになって、実際ファンのみなさんにも大変喜んでもらいましたが、
その後の展開でナニかの“人間関係”で違う人が作ったTシャツが「違うーーー!!」だったわけで、
そんな時は死にたくなりますね。

あとやっぱ全部自分でやってしまうと、胸くそ悪く引き裂きたくなります。

そんな存在です、Tシャツ。

ちなみに、今は一種類を作って売っています。
12月からの作品展に合わせて販売しますので、よろしくでうす〜!
|小池アミイゴ|2007/11/23 1:42 PM|
小池様

Tシャツって、作り手にとっても、着る側にとっても、かなり個人的な想いを投影できるコミュニケーション媒体ですよね。

なにか一つの”文化”として確立されてる気がします。

12月の作品展とやらの詳細、また教えて下さいね。コメントありがとうございました!



|ナイフ|2007/11/26 11:35 PM|
>ナイフさん。
もちろんすごい文化ですよね、Tシャツ。

しかしそれを取り囲む文化そのものがシャラクセエものに変わってきていて、
Tシャツもシャラクセエものになってる印象です。
ならばガンガン自分で作って、人との違いを見せつければいいんだ、Tシャツ。
そんな時代でもありますね。

もしくは、
今ならタレパンダのTシャツ着て、東京ミシュラン三ツ星獲得のレストランに行くとかかなあ。

作品展、
12月中だけで都内3カ所で行いますが、
情報は随時アップしてゆきますので、
お時間合えば足を運んで下さいね。
|小池アミイゴ|2007/11/27 4:39 AM|
今日、DESIGN GARDENのTシャツコンテストの結果発表がありましたね。実はわたくしも応募していたのですが残念ながら落選しました。
しかしながら、小池さんはじめ、審査員の皆さんのコメントは大変勉強になり、参加してよかったと思える事ができました。ありがとうございます。
|ナイフ|2007/12/07 11:36 PM|
>ナイフさん。
そうですか、どの作品だったでしょうか?
気になりますね。

今回の審査と、その後のコメント作成には充分なエネルギーをかけてきたつもりですが、
それでも見落としや思い上がりがないか心配でしかたないのです。

ボクは以前あるイラストレーションの公募の審査をさせて頂いた時、1000点以上あった応募作品全部にコメントを残してしまい、
公募のスタッフのみなさんに大変なご苦労をかけてしまったことがありました。
しかし、縁があって出会った作品に対しては、それが褒め言葉であろうと酷評であろうと、言葉をかけてゆきたいのです。

今回は審査員が複数名おりましたので、ボクのペースだけで審査を進めるわけもいかなかったので、心残りがあるんです。
改めて、ご自身の作品についてボクの意見が必要と感じられましたら、連絡されてみてくださいね。

ただ、何かの縁が無い限り「作品を見てくれ」という要望には応えきれませんので、
今回はデザインガーデンの出品作品に限ってというのがボクの範疇であると思います。

そんなこんなですが、ともかく今回は応募されたみなさんのみならず、主催者及び審査員一同、タップリの熱を持って望んだ公募でした。
残念ながらグランプリは出ませんでしたが、
是非この熱を次に繋げていってくださいね。

オレもおちおちしてられねえ、それが実感だったりするしね。
|小池アミイゴ|2007/12/08 3:36 AM|
小池様

ありがとうございます。
作品を見てもらうまでもなく、小池さんや審査員の皆さんのコメントに触れ、充分に自分の作品について省みる事ができました。

というか、コメントの内容よりも、今回の件で小池さんを知り、小池さんのモノづくりに対する姿勢を目の当たりにして、自分自身いろいろ考えさせられた部分もありました。

まだまだ自分には足りない事だらけです。

今回の作品は、応援しているミュージシャンがいまして、その人のイメージやその人に対する思いを作品に投影したのですが、
作ったモノを本人にも見てもらう事ができ、5点中1点ですが気に入ってくれたデザインもあったようで、(お世辞だったかもしれないけれど..)

その事と、審査員の方々に頂いたコメント、賞は頂けませんでしたが大きな収穫です。

ご多忙中お疲れ様でした。
また、ブログにも丁寧なコメント本当にありがとうございました!。





|ナイフ|2007/12/09 1:10 AM|
>ナイフさん。
ボクも応援しているアーティストと共に成長してきたと思います。
(応援だけじゃなくて、激しく喧嘩したり、口もききたくないくらいのLOVEだったりね、、)

そんな存在があるシアワセを大切に、
出来ればそのシアワセをさらに多くの人と共有出来るように、
そんなマインドがもっともっと広がってゆけばなあ〜と願います!

アミイゴ
PEACE!!

|小池アミイゴ|2007/12/09 3:27 AM|










トラックバック

URL:

【審査会】DESIGN GARDEN AWARD 2007
大変ご無沙汰しています!ME-KOです。 2007/11/14(水) デザインガ...
|DESIGN GARDEN Blog|2007/11/15 7:06 PM|