amigos airplane

イラストレーター&DJ、小池アミイゴ(amigos koike)本人による活動記録。
作品やイラストレーションの仕事の紹介。
唄のためのイベント「our songs」 のインフォ。

プロフィール

カテゴリー

”カフェばか日誌”について

福岡のカフェsonesと東京に住んでいるボクとの往復書簡で生まれた作品です。
テキスト:木下恵深(sones)
イラスト:小池アミイゴ

最近の投稿

最近のコメント

過去の投稿

LINKS

記事検索

AAS移動動物園、代田橋CHUBBYへ!


昨年の10月8日に福岡で生まれた動物ども、
福岡大阪渋谷と巡って、東京の真ん中の外れ、代田橋のcafe CHUBBYへ!
(そろそろホームページ出来上がるよね?ちゃびぃ、、)

『AAS移動動物園@代田橋CHUBBY』
1月5日〜2月11日(火曜日定休日)12am〜2am


今まで展示してきた中でも一番広い空間で動物どももノビノビとしています。


黒シロクマどももイキイキピカピカ!


そしてCHUBBY限定、

AAS動物シーズン1「2006、4月のAAS」の精鋭どもも特別公開。


こうやって見ると、
2年前の雨上がり、桜咲く動物園までみんなして、
弁当ぶら下げウンダラリンと歩いていったスケッチピクニックが、
アトリエ ブラヴォの8人にとって、そしてそれに参加したみんなにとって、
どれだけ革命的なことだったか良くわかるね。

今でも新鮮な動物どもめ!

まあそんな固い話は置いといて、
アトブラのすごさが良くわかる「ある1人の二枚目モデルさんを描いてもらったコーナー」も特設。



さらに、大好評!「アトブラメンバー8名&職員4名、それぞれの夏07'絵日記」もこの通り。


カフェって場所だからこそマッタリユッタリ、一つの個性が突き抜けた夏の記憶に触れられますね。

“アトブラ08'カレンダー”はソールドアウトですが、
サンプルを置いてありますので、合わせてアトブラの凄さをマジマジと感じてください。

さらに、さらにプロジェクターでボンヤリと映像、
「カフェばか日誌、シーズン1“sones編”」「カフェばか日誌、シーズン2“金網通信”」
「カフェばか日誌、シーズン3“京都純情夫婦物語”」「ritaのためのペインティング」を、
これまたウンダラリンと流しております。


カフェって場所だから、
絵に興味を持つ人にも、
そんなの関係ねー人にも、
いやいや私が主役よ、なんて人にも、
寄り添っていただける、でもちょっといいモノが心に忍び込む展示を心がけてみました。

CHUBBYは若い店主とスタッフが気持ちいい志でもって切り盛りしている店。
展示をボクが説明し過ぎてしまわないで、
彼らが見たこと感じたことを、それぞれの言葉でお客さんに伝えてくれたらなあ〜、
そんなんがPEACEだよな、なんて思っています。

そんなこんながハルノワルダクミに繋がったらシメシメ、ウッシッシ。。


カフェと街と人との出来すぎた関係、
ちょっとヤキモチ焼いちゃったりして見ていただければ幸いです!


会期中には“お絵描き教室”なり、ブランチライブなりを出来たらなあ〜、なんて考えていて、
決まり次第改めて告知させて頂きます、

が!

皆さんの希望があればバシバシボクにプレッシャーを与える、
そんな状況が望ましいのですよ。街と人とカフェはね。

では〜〜、今日の晩飯はCHUBBYにしよう。
PECAE!!


| 2008.01.05 Saturday 15:09 | 展覧会 |comments(4) | trackbacks(1) |

コメント

アトブラスタッフのHiroです。
展示凄くきれい!!
そして、カフェの雰囲気が最高!!
アトブラメンバーとお邪魔したいっス!!
|Hiro|2008/01/30 12:17 PM|
>Hiroさん。
まずは店主さんがアトブラ訪れることが出来てよかったね。

展示は、ホトンドアトブラを説明するようなものは出してないです。
「みんな勝手になにか感じて〜!」作戦。

東京ではこうやってジックリ時間をかけてゆかなきゃならないコトもあるな〜、ってね。

で、ウレシいのは若いフロアスタッフの女の子が、メンバー全員の名前を覚えて、お客さんの質問に答えられるようにしていてくれていること。

その一生懸命さ、ちょっと涙が出てきてしまうほうどだよ。
(と言いつつ、けっこうイジメているのだが、、)

まあ、こうやって伝えてゆくことが一番リアルな伝え方だと思うんだね。

ボクがアトブラを紹介された時も、sonesのみんなの熱でもってだものね。

そんなこんなで、東京にいらっしゃった際は、是非に〜〜!!

|小池アミイゴ|2008/01/30 4:00 PM|
小池あみいご様 

初めてメールします。
私はあみいごさんのかく絵を知っているけれど、あみいごさんは私のことはご存知ないです。
で、一方的にメールします!
 
今日、CHUBBY行ってきました。
参りました。
絵がかけないとか悩んでいた
自分がどこかへ飛んでいってしまいました。
興奮してグラス割りました・・・お店の方、すいませんでした。
かくことって楽しいよね、苦しいときもあるけど楽しいよ、と当たり前のことなんだけれどすごく遠回りしようとして忘れかけていた事、ちゃんと思い出せました。
アトリエブラボーの皆さんありがとう!
あみいごさんありがとう!
|いしはらせいこ|2008/02/06 11:22 PM|
>いしはらせいこさん。
書き込みありがとうございます。

ボクはこう思いますよ。
「絵を描けない」という人に沢山出会いますが、
それはだいたいが「絵を描かない」ということなんです。

一枚の紙、その端から端まで、なんの意味も持たない一本の線を、自分の気持ちよさのすべてを込めて引っ張ってみてください。

気持ちいいよ〜。

色んな意味を込めて絵を描いても、ほとんどの人には関係のないこと。

それに比べて無垢な一本の線がどれだけ人を心地よくさせるか。

ボクはイラストレーションを仕事をしていますので、
その一本の線にも意味を持たせますが、
出発は「エイ!」と引いた一本の線の心地よさなんです。

線は色にも置き換えられますね。
唄でもいいや。

まずはなんでもない自分からスタートですね。
PEACE!!
|小池アミイゴ|2008/02/07 1:34 PM|










トラックバック

URL:

東京代田橋CHUBBYでのAAS展
今年のカフェウィークに東京から参加する、 東京の真ん中の外れにあるカフェ“CHUBBY”で『AAS移動動物園』始まりました。 去年の10月8日、雨上がりの体育の日、 cafe sonesから弁当ぶら下げてみんなで動物園に行った絵の記録。 (詳しくはボクのブログをご
|CAFEWEEK blog|2008/01/06 2:06 PM|