amigos airplane

イラストレーター&DJ、小池アミイゴ(amigos koike)本人による活動記録。
作品やイラストレーションの仕事の紹介。
唄のためのイベント「our songs」 のインフォ。

プロフィール

カテゴリー

”カフェばか日誌”について

福岡のカフェsonesと東京に住んでいるボクとの往復書簡で生まれた作品です。
テキスト:木下恵深(sones)
イラスト:小池アミイゴ

最近の投稿

最近のコメント

過去の投稿

LINKS

記事検索

2003年9月28日


5年前の9月、福岡天神で行われたイベントのフライヤーです。

「our songs」“ ナグサメ組カフェ”

当時、チビッと有名になってきた「ハナレグミ」をおちょくったタイトル?

いえいえ、
“癒し”なんて越えた“ナグサメ”だろう!
福岡の街の、ヤングハートが優しく熱く燃え上がる、
心地よいカフェのホスピタリティーの正体は。

そんなのに気付き、
しかし、福岡のみんなを前に、やっぱテレちゃうわけで、、
「ハナレグミ」を意識したフリして付けたタイトル。

その「ナグサメ」は、
次の年に発表されたおおはた雄一くんのデビューアルバム「すこしの間」に、
この日の空気をそのままに、ボクのコトバとして寄せさせてもらいました。

そんな時間だったのです。2003年9月28日、福岡天神imsホール。

その時のタイムテーブル、最終1歩手前案です↓

“928”タイムテーブル案

16:00 DJ (45min.)
|
16:45 KAAS (15min.)
|
17:00 転換、MC (5min.)

17:05 ニュートリノ (30min.)
 |
17:35 DJ (30min.)
| 
18:05 Film (15min.)
|
18:20 転換、MC (5min.)
|  
18:25 原田郁子+ 奈々 (30min.)
|
18:55 DJ (40min.)
| *cafe : steel pan
18:35 奈々+ DJ (5min.)
|
19:40 small circle of friends (45min.)
|
20:25 転換、MC (5min.)
|
20:30 おおはた雄一 (30min.〜45min.)
|
21:30 DJ 〜 END → 撤収 23:00


*“転換、MC”のところは薄くDJで音楽ながしつつ、
一回目、アミイゴ×メグミさん、あたりで掛け合い。
二回目、芳賀君(普段の活動や今回の作品、イクコ×ナナの紹介)
三回目、アミイゴ×サツキさん×イクコさんでズッコケトーク
そんな感じはいかがですか?

*DJは“ニュートリノ”後は宮野君に熱い血潮をたぎらせてもらいたいです。
イクコさん後は時間調整や“パン”“奈々 photo ”のコトもあるのでオレがやります。

-------------------------------------------------------
以上。

「キッチリ締めてやってゆこう!」という意思を感じるタイムテーブル案の中にあって、
おおはた雄一くんの所だけが“30min.〜45min.”と非常に曖昧に扱われています。

この時生まれて初めて乗った飛行機で福岡にやってきたおおはた雄一くん。

恐ろしい事に九州で彼を知っている人はゼロだったのです。

なのに大掛かりなイベントのトリ!
原田郁子さんに至っては公式な“初solo live”というプレミアム。

おおはたくんをあえて“トリ”に持って来た、
ボクの彼に寄せる確信はなんだったのか?

その確信をカタチにするために、
ボクや福岡のみんなはナニをやったのか?

そして、初めて出会ったおおはた雄一のしけたブルースに、
なぜそこにいたスベテの人々は立ち上がって踊ったのか?

そもそもなんで彼だけ“30min.〜45min.”と曖昧な時間なのだ??

ぼちぼち記憶をたどってみます。

そんな“無駄”が2008年4月23日に活かされますよう。

ちなみに、
その頃、東京でもおおはた雄一を知る人は、
一握りの人の、その半分の半分くらいであったよ。

| 2008.04.10 Thursday 05:55 | おおはた423ブルース(期間限定) |comments(6) | trackbacks(0) |

コメント

アミイゴさん待ってました。

はじめての福岡ライブ見たかったなあー!!
やっぱり【すこしの間】中心のセット・リストかな??

出あっておきたかったなーこの時に!!





|jettbowie|2008/04/10 12:56 PM|
>jettbowieさん。
タイトル曲「すこしの間」はまだ生まれていなかった2003年9月でしたよ。

「すこしの間」が2004,02/26発表ですから、
今思うと、飄々としたいつもの雰囲気の中、
熱い物が吹き出そうな、そんな時期だったかもです。


||2008/04/10 2:05 PM|
2003年のメモ断篇をひっくり返してみたら、ハナレグミやクラムボンのライヴに誘われて、行きはじめた時期でした。

あっ、「体の贈り物」を初めて読んだのも2003年でした。

楽しみもありつつも、実に多くの日々メモは、しみったれていましたねぇ。
|ki-machan|2008/04/11 8:23 AM|
>ki-machanさん。
逆にハナレグミやクラムボンと一緒になにかやりづらくなってきた時期だね、2003。
でもって、ボクはより「寂しい唄」を求める旅に出る様になるのですね。
豊かなマインドに裏付けられた「寂しい唄」。

久々のおおはたくんとの唄の時、やっぱ楽しみだね〜〜。
|小池アミイゴ|2008/04/15 9:03 PM|
このpostcard、持ってる!ことあるごとに、この日の日付を確認するために引っ張り出してます。
clammbonのbbsに、ほんの少しおおはた君の名前が出かけた頃のこと。ワークショップという名のもと、カラス作りに精を出すさなか、「おおはた君が、もーすぐやって来るはず。。」って言葉が耳に。ふらーっと、ギターケースとリュックを携えて入り口に現れた雄一ぼーの姿、今でもはっきりと覚えています。後ろで、tuningを済ませ、つまびくギターの音。「slideやるのか。。。楽しみ。。」
とかなんとか思っていたら、その夜の投げ銭ライブ。十数曲を延々と。Redbetter, Muddy Waters〜Jack Eliottで、記憶がタイムマシーンに乗せられて、大興奮!
 IMSでは、さらに、ベベチオ、キセルの飛び入り出演。何で、関西からやって来て?のはめにも。。。てんこ盛りそのもの。
 でも、その後の家出同然の追っかけ、その諸悪の根源の全てが、このイベントにあったような。。。ありがたいことです。

|porkin|2008/04/22 4:39 PM|
>porkinさん。
オレだってターニングポイントは928/2008です。

そもそもour songs
ボクのDJイベントだったわけで、
しかし、sonesでは機材の調整で四苦八苦。
imsではDJやるよか、駆け回ってる時間が断然多かったし、
scofの機材トラブル中は「涙そうそう」唄ったし、
飛び入り2組だし、、

相変わらず大量に持ち込んだレコードは、
ただ筋力アップさせるためだけに機能したようなもの。

まあ、そこまでやって守って育てて行きたいバカ野郎どもの唄であったのです。
PEACE!!
|小池アミイゴ|2008/04/22 10:23 PM|










トラックバック

URL: