amigos airplane

イラストレーター&DJ、小池アミイゴ(amigos koike)本人による活動記録。
作品やイラストレーションの仕事の紹介。
唄のためのイベント「our songs」 のインフォ。

プロフィール

カテゴリー

”カフェばか日誌”について

福岡のカフェsonesと東京に住んでいるボクとの往復書簡で生まれた作品です。
テキスト:木下恵深(sones)
イラスト:小池アミイゴ

最近の投稿

最近のコメント

過去の投稿

LINKS

記事検索

小国へ


12日のイベントから明けた日曜日。

曇り空の下、熊本県は阿蘇の外輪山のさらに外側、福岡と大分に接する山の中“小国”へ。

cafe week 参加店でもあるcafe&bar“Orange”の5周年パーティー

eliちゃんと small circle of friends、そしてなぜかボクのライブ。


まずは福岡薬院iconeで参加者全員待ち合わせ。

写真はeliちゃん用<tieちゃん野菜スペシャル>

14:00にオレンジのAくん登場。
ワンボックスバンで一気に向かう2時間弱の旅です。


途中、春の始まりに訪れた日田大山町の道の駅で休憩。

1ヶ月半振りだけど、季節は確実に歩を進めていて、懐かしいのと新鮮なのが合わさって、
胸をキュンとさせる土地だね。


で、「もしかして」と川まで駆けて行ったら、

Sくん。


「今日、小国に行きます!」だって。
うれしいね〜〜!



scof の サツキ さんはいつでもアーティストであり、いつまでも少女のようであるね。
自然だけじゃなくて、人の景色も美しい旅は続きます。


日田、大川町から筑後川の源流大山川沿いを遡ります。

林業、特に杉で有名な小国。
花粉症の人には恨めしいかもね。


林業に加え、牛を中心とした酪農牧畜、阿蘇の恵みを受けた温泉などが有名なのかな。

小雨に煙る山と渓谷が描く豊かな景色にため息。
この川を遡ってここにたどり着いた昔の人は、こんな景色に出会いナニを思ったのかね?

目に優しい30分のドライブの後、夕闇のせまる小国“あみだ杉の館”へ到着。

歴戦のメンツ、サクサクサクーっと設営やらリハ。


みんながみんなアイデアと工夫を持ち寄ってパーティーの準備。


ところで、ボクはナニをやろうね??
まあみんながナニをやるのか、お客さんはどんな空気なのか、
良く観察してギリギリに解き放ってやればいいんです、オレ。


前日のbingo bongo sounds は1000人が深夜に集まるイベントだったので、
お子さん連れのファンはそちらを避けはるばる小国へ。

有り難いことです。


ほ〜〜んとお子さん連れが多かったね、小国。

ほ〜〜んと、お子さん、、


じゃねえ、eliさん、、


日田からは昼間に川の上で再会したS くん始め桃ノ木クルー、そしてSくんのシスタまみちゃんまで!!


小国の人口9000人です。

日田が7万人ちょっと。

今回主催のAくん、集客をとても心配してくれていました。
もろもろの経費も持ち出しのはずだしね。

で、ボクはこの車で30分の距離の町の人たちが小国で集まったらステキだなと思って、
Aくんに相談したところ、
さらにリスクを背負って会場をここに設定してくれたのだね。

だから、日田のみんなの顔を見たらボクがまず安心、
そしてやっぱうれしいね〜〜!!

こういうのって、バカイベントオーガナイザーが使う「動員」ってコトバと真逆であるね。

そんなこんなでライブスタート。


映像をガッチリ用意して来たスモサのスタイリッシュでホットなライブ。
ボクの持って来たプロジェクターも活躍してくれてます。


足元に絵が散らばっていますね。

サクサクっとスケッチして、サクサクっと色を着けて、サクサクっと持って帰ってもらおうというボクの作戦です。

とても気に入った傑作が3枚ほどあったけど、
まあ、しょうがねえ、、みなさんに持って帰ってもらいました。


スモサはこの町でのライブが4回目!!
人口9000人の町ですごいことだね〜〜。

なんか勇気の出て来る事実だよ。

ならば当然、会場は愛に溢れた盛り上がりに包まれます。

Aくんが5年かけて創ってきたものを感じます。


オレンジ5周年おめでとー。

そしてハッピバースデーAくん!!



そしてAくん待望のeliちゃんライブ。


バックはまみちゃんにライブペンティングをお願いしました。
ボクの絵が散らばっている向こうでeliちゃんのパフォーマンス、
その背景でまみちゃんの絵が完成されてゆく。

子供から大人まで集まっている空間での試み。
楽しんでもらえたんじゃないかな?

まみちゃんは緊張してヘトヘトみたいだったけど、
ともかく始めの1歩、ありがとね〜!

で、自分で創ってきた映像は流すの忘れた、、

まあいっか、、


ついでにeliちゃんのバックでビートを刻むなんて作業もやりきれず、

しかし、唄とそれに寄り添うギターだけで充分満足、腹一杯なロックショー。
小国は唄で1つになりました。
PEACE!!


打ち上げはオレンジで。

打ち上げのレポなんか、ですが、
いや〜〜これぞ文化!!

甘〜〜い味付けのお惣菜、馬刺!、馬レバー!!
そして美味しい水。

豊かだね〜、小国。


ほとんどテレビを見なくなったメンツ、
MTVのHip-Hop番組に突っ込み入れまくったり、
サツキさん御法度の下ネタビシバシで明け方まで。

アズマくんの幸せそうな顔が、心に張り付いてピクピクしとります。


明けて小国、さらに豊。


季節は東京の2週間前だろかね?


地熱の力もあるのかな?


冬にはキチンと雪が降り積もり、
春には一斉に色んな花が咲き始める。
そんな土地であるような。


そして豊かな水。


旨いです。


小国の林業を支えるために敷かれて鉄道、そのコンクリートと竹で造られた眼鏡橋。


小国を流れる杖立川は、杖立温泉を抜けると松原ダムが造る湖へ、
その先は大山川、Sくんがカヤックをしていた川から日田を抜けると筑後川へと名前を変えてゆくのだね。

豊かな水や林業、農業、牧畜などなど、この川を巡り人が営んで来た歴史を想像する面白さ。

その流れの中で昨晩響いた唄、それはささやかなチャレンジであるかもしれないけれど、
この土地の歴史の中で、豊かな花を咲かせる花の種をまいているのであるなあ〜、とね、
沢山のヨロコビとともに感じたのでした。



え〜〜っと、
いろいろステキな店にも連れていって頂いたのですが、
安い観光案内になりかねないので、まずはみなさん小国へ!
福岡からたったの2時間弱です。

日田で一泊、小国で一泊。
今度はゆっくりプライベートで訪れた場所出来ました!!

オーリー、ありがと!!









| 2008.04.17 Thursday 13:30 | カフェばか紀行 |comments(8) | trackbacks(0) |

コメント

すっごく楽しかったです!!
なんか両極端の共存ってな感じで新しい可能性が見えた気がしてます!!笑
|oseima|2008/04/17 9:32 PM|
お疲れ様でした!
そして、ありがとうございました。
ステキなイベントになりましたw↑
|オーリー|2008/04/18 2:54 PM|
>oseimaさん。
そうですね、
地方の美しい町×2は、思いがけない可能性に溢れていると思うよ。
これをきっかけに、さらに豊かな発想の毎日をね〜!
まみちゃんにもよろしく〜〜!!!

>オーリーさん。
いやいや、なになに、オーリーさんの情熱が一番!
地方にあって困難なことも多いと思いますが、
先日のことがじっくり時間をかけて醸し出して来る文化なんてのもありそうです。
じっくり良い時を重ねていってくださいね〜!!
ありがとーー!!
|小池アミイゴ|2008/04/18 3:28 PM|
さっき、サツキちゃん、アズマくん、リゴくんと電話で話したところです。
ほんと、グーゼンな出来事で偶然な繋がりで!
面白いっすね

小国は良い所でした!
この、私が「田舎の風景、自然の風景を誉めるって珍しいですのよ。

よく考えたら初めてスモサのライヴ、まじまじと観たし体感したわけですよ。
不思議だなぁと。
色々、昔から何らかつながりがあるのに
スリッツ時代から

それが十何年経って一緒の場でライヴやってるって。
それって、何かって
続ける事
なんだなぁと。

勿論、若い子達にもつなげてゆくわけだけど
eliちゃんは、まだ、生まれて2歳なので
ritaちゃんが生まれて、未だ、0歳でちゅ
まだまだ、出会う顔があるんでしょうね

出会い、って言葉好きじゃないけど
うーん、他にもっと良い言葉ないかなぁ?

わたしは、まみちゃんの絵を、もう一回観て
小国日記書こうと思ってます

そっかー
あのみやげ物店みたいな場所は日田って所だったのですね

今やっと判った!

一回きりじゃ見尽くせないもんね

そのためにも、わたしは歩き続けるよ

オレンジって、やっぱ、「俺んち」だったんだな!








eli|2008/04/19 7:12 PM|
わっ!eriちゃんが書いてる。
さっき話たばっかりなのに。

アミイゴさんホントにありがと。
eriちゃんもはからずも言っていたように、
昔から知っているeriちゃん........。
もちろんライブだってね。



でも、偶然は必然の賜物でそうゆう風になってるもんです。
会える人には会える。
ずっと思っているとね。


アミイゴさんだって。
穴井くんだって。

幸せと言う物はそう言う事なんだね。



最近、ようやく
「あーひとりで生きてるんじゃないんだ」と
今更ながら思えるそんな今日。
周南にて。


アミイゴさんの旅はまだまだ続く............。




eriちゃんへ......

命を削って歌っている気がする、。
なのにこのエンターティメントな様は、
歌を伝えようとする意志を、強く感じる。

それはきっと歌に対する愛を感じるからなんじゃないか?とも思う。
愛って何?!歌って何?!ってそんな言葉では伝えられないッて!とさえ、
聴こえるけれど、そこには何か誰にもわからないような塊(かたまり)が見えました。
その塊はきっとeriちゃんの優しさの塊だったんじゃないかと思う


まだまだ幸せな記憶を紡ぎ続けれますように......。




サツキ*

サツキ*|2008/04/19 8:51 PM|
>サツキちゃん!
わたし、eriじゃなくって、eliだってばー(笑
eli|2008/04/20 3:13 PM|
>eliちゃんへ

ははははははははははっっっっっっ!!!
そうでしたー。しくしく。

ごめんよー。
ちょくちょく、こうあります。
私。^^;




サツキ*|2008/04/21 12:53 AM|
>eliちゃん、サツキちゃん。
ふたりまとめて抱きしめてやりたいぜ!

あ、

アズマくんもね。。

まあ、ボチボチ誠実な1歩1歩で進んでゆきましょうね。
|小池アミイゴ|2008/04/22 3:34 AM|










トラックバック

URL: