amigos airplane

イラストレーター&DJ、小池アミイゴ(amigos koike)本人による活動記録。
作品やイラストレーションの仕事の紹介。
唄のためのイベント「our songs」 のインフォ。

プロフィール

カテゴリー

”カフェばか日誌”について

福岡のカフェsonesと東京に住んでいるボクとの往復書簡で生まれた作品です。
テキスト:木下恵深(sones)
イラスト:小池アミイゴ

最近の投稿

最近のコメント

過去の投稿

LINKS

記事検索

お問い合わせのCDは、


423ブルース、スペシャルサンクスの途中ですが、

4月23日、おおはたくん&友部さんライブの前にDJでかけて、
その後、友部さんを始め多くの方からお問い合わせのあった「トラベリンマン」のカバー。

改めて紹介しときますね。


太田友紀さんのアルバム「陽だまりのブルース」からです。

「トラベリンマン」はギターとコーラスで“ううじん”が参加。

ううじんならではの大きなグルーヴ感の中、
放課後の音楽室で太田友紀とううじんが伸びやかに唄ってる、
そんな出来です!

そのううじんの名曲「無理しない」や、
やはり423で流した吉川晃司の「ラビアンローズ」なども収録。

渋谷HMVでは、
「春にふさわしい温かな唄声〜」みたいな紹介のされ方してましたが、
さて、、

とにもかくにも、チャンスがあれば是非聴かれてみてくださいね〜。

| 2008.04.29 Tuesday 00:06 | おおはた423ブルース(期間限定) |comments(3) | trackbacks(0) |

コメント

このとき初めて太田友紀さんの「トラベリンマン」を聴きました。すごく耳が敏感になったような、、きっとまわりもそうだったのではなかろうか?

帰りの鼻歌が「トラベリンマン」になったのも、からだに残っていたんじゃないかと思います。
|ki-machan|2008/04/29 2:25 AM|
duoで、聴いたときの衝撃ったら!
その前にも何度かユキちゃんの歌う「トラベリンマン」
ライブで聴いたことあったけど・・・。ぐっとあの曲のフトコロつかんじゃいしたね。太田友紀&ううじんパワー恐るべし。
友部さんにもひっかかったというのも、すっごく嬉し!!
アミイゴさん、ナイスDJ&お知らせありがとうございました。
|may|2008/04/29 1:45 PM|
>ki-machanさん。
ある意味、おおはたくんののど元に突きつけた唄でもあるよ。
ユルいことは命がけで創りたいけど、
ヌルいのはイヤだね。
太田&ううじん、魂のメッセージです。
その魂が、放課後の音楽室に注ぐ西日のようであるから、
男子は、やっぱタジタジなんよ〜。

>mayさん。
間違っていてもいいや、ボクの分析。

太田友紀<唄のリズム感メチャクチャ良い人。

ううじん<大きなグルーヴ感が男子以上にある人。

おおはた雄一<ユラメキの人。

それぞれその他の評価は数々あるでしょうが、
こと「トラベリンマン」を巡るボクの感想はこんなです。

おおはたクンが女子に伝えきれなかった“アレ”を、
太田さん、ううじんさんが、西日の校庭に引っぱり出してくれた、
そんなイメージであります。
|小池アミイゴ|2008/04/30 3:31 AM|










トラックバック

URL: