amigos airplane

イラストレーター&DJ、小池アミイゴ(amigos koike)本人による活動記録。
作品やイラストレーションの仕事の紹介。
唄のためのイベント「our songs」 のインフォ。

プロフィール

カテゴリー

”カフェばか日誌”について

福岡のカフェsonesと東京に住んでいるボクとの往復書簡で生まれた作品です。
テキスト:木下恵深(sones)
イラスト:小池アミイゴ

最近の投稿

最近のコメント

過去の投稿

LINKS

記事検索

沼津BLUE WATER で親子ワークショップ


新宿10:20発小田急ロマンスカー“あさぎり”2時間、沼津へ。

蒼き炎萌え上がる場所、THE BLUE WATERへ。

七夕前日にヒトリヒトリの願いを込めた風鈴作りのワークショップ。
もしくは「絵を描けない人でも絵が描けた!」ワークショップ。

ちょっと遅れていったら、
「んぎゃ〜〜」と元気な声が一杯!!


まずはTHE BLUE WATER の中にあるもう1つのカフェLOOMS特製の弁当を食う。


色んな言い方があるでしょうけど、まずは「旨い!」

よっしゃー!
お店イッパイに集まった大人&同じ数のコドモちゃんに負けぬパワーを充填。
ワークショップ開始です!


ここBLUE WATER でも他の場所でも何度も繰り返してきたワークショップ。

特に街の中にあるカフェでのワークショップの意味、
今回BLUE WATERのスタッフ、キッチリ考えてくれたようです。

それはきっと「お母さんだって絵を描きたい」みたいな感じかもね。

ちっちゃいコドモと一緒に食事に行くこと、大変です。
今の世の中、子育てひとつでもプレッシャー一杯です。

BLUE WATER、月に2本ライブイベントを組んでいるカフェです。

しかし、
ちっちゃなおコちゃん連れて音楽を聴きにゆけるほど成熟した文化ありません、日本。

そこで“アミイゴちゃんワークショップ”なんでしょう。


ならば、
まずはオトナがたっぷり失敗したり恥をかける場所であろうと思いました、
アミイゴちゃんワークショップ。

そしてコドモから沢山のコトを学びましょう!

オトナに対してどんなオーダーをしたのかは内緒ですが、
ともかく花を描きました。

そしたら、


静岡のオトナちゃん、なかなかやります。


きれいだね〜!


なんだか分からないけど楽しいね〜!


ここに至るまでの道のりで、恥をかいて、スッコロんで、
しかし最後は絵の具と戯れる楽しさだけで描いてくれました。

でもって、コドモちゃんは余裕で傑作。


かなわんね〜!!


その勢いで風鈴に色づけ。


みんななかなかの傑作風鈴を作り上げていましたよ。


そしてみんな「楽しかった!」って言ってくれたことが何より。

今、おコちゃんを取り巻く環境、原色チカチカです。

でもこうやって自分で楽しく色を散りばめてみたら、
意外やカラフルも優しく輝いてくるもんです。

おコちゃんを取り巻く“原色チカチカ”は、“お金チカチカ”と同じ意味だけど、
自分で散りばめるカラフルは、夢や希望の色であるからね、
オトナが守ってあげなければいけないものなんだよね。

だから、オトナも紙の上では恥かいてスッコロんで、コドモと同じ目線で楽しんで、
その楽しさを過去から掘り出す作業をして、でもってコドモを守る意味を確認出来たらだね。

ボクがこんな発想に至れるのは、
この店の沼津という地方都市にあってその存在意義をいつも考え続けている姿勢、
そしていつも変わらぬウエルカムなホスピタリティーがあってこそ。


そんなこんなに甘えて、ボクも楽しませてもらいつつ、
負けてなるものかと全力を尽くすんだね。

この日の夜はお客さん入れ替えで太田友紀ライブ。


昼と夜まったく違った空気感の中、
しかし変わらぬこの店の誠実さの上に乗っかって人を楽しむことが出来ました。


なんか、いつ行っても手探り、いつ行っても全力。

そんな姿勢に甘えること無くボクも全力でやらなきゃなんて思って、
ライブ前と後で花の絵のレイアウトを変えたり、ライブ音響をとことんこだわったり。
みんなより年上だけど、ここで一緒に成長してやるぜ、なんて気持ちもあるんよ。


ワークショップ&ライブ参加の皆さん、
スタッフのみなさん、ありがとね〜!

で、明くる日久々ノンビリ過ごした沼津のTHE BLUE WATER


ごちそうさまー!
またねーー、と、沸き上がる恋心を悟られる前に店を後にしたのでした。

PEACE!!


追記

沼津駅前は行政主導の再開発で巨大ショッピングビルが生まれ、
さっそくテナントが埋まらず大失敗か?の声が。

そんな愚行に負けてなるものかと“新仲店商店街”では七夕まつり。
街を歩いてショッピングしてもらいたためのアイデアであろうね。

あろうけど、

たとえば、
BLUE WATERでこんなステキなモノが生まれているすぐ隣の通りで、

これは無いだろ!!


ダレだ!?
ダレに金が流れているんだ!!??


巨大ショッピングビルが“地域の経済的活性化のためにに打たれた覚せい剤”なら、
この七夕祭りは粗悪なトルエンのようでないか?


良いモノは地方にも沢山埋まっているはずだろ?



| 2008.07.08 Tuesday 01:28 | ワークショップ |comments(6) | trackbacks(0) |

コメント

一番下の写真、笑えました。

風鈴、クゥ〜〜っ ギザカワユス。

ジェラスィ〜〜です。


数日前、江戸風鈴の現場を見学しに行きたいなぁと思っていたところだったのですが、この風鈴もすっごく可愛いです。


いやいや、脳震盪で白目向いて寝てなかったら参加したかったです。
なんとか回復。 子供は弱くて、強いのですね。

|ミナブー|2008/07/08 8:25 AM|
沼津 BLUE WATERなかなか行けないままですが
これ、じつは行きたかった。。。

アミイゴさんのワークショップはいつもなにか懐かしい
あぁ、多分小学校の図工の時間の空気ですね。
とっくに離れてしまった今となっては新しい楽しいことに感じるんだ。

アミイゴさんから思いもかけないお題を投げられてで
さぁ、ってスタートする。
あれ、結構緊張なんです、ドキドキする。

やっているうちにオトナの心がコドモだったときの何かを思いだす。
私たちの中にいつまでも残っているちいさなハートの塊のような物
かな?と思いました

|やまぐちめぐみ|2008/07/08 9:20 AM|
「かなわんね〜!!」の青い絵!!!!!!
すげえっす!!!メロメロ。

オイラの部屋には真珠が書いた絵と、
タケシんとこのピコが書いた絵だけが
貼ってあります。
どちらもとてもよいのです。

しかしトルエン…、泣けてきますな。
ちゃんとしろよ、オトナども。
|a.k.a. 呑キ|2008/07/08 11:41 AM|
ライブ楽しかったです〜
一生懸命にゆるりと盛り上げてくれた姿勢に私も乗っかって楽しませてもらえました!ステージに割りと近い席におりましたので無性に照れてしまう私は壁に映し出された素敵な風景たちに目を写し安心して太田友紀さんの歌声を聞き入れることができました〜素敵な演出で癒されましたー
|ビスコ|2008/07/09 12:41 AM|
>ミナブーさん。
だいじょうぶですか?
お子さんのこと第一で考えてくださることが何よりです。
お子さんをギザ守ってやってくださいねー!

>やまぐちめぐみさん。
“エゴの塊”です。

エゴを感じられないものは面白くない。
エゴを振り回すだけのものは面白くない。

その二律背反の世界の中で失敗をしない生き方を押し付けられてはいないか?
そんなことのオトナへの投げかけです。

|小池アミイゴ|2008/07/09 2:16 AM|
>a.k.a. 呑キさん。
良いモノは良い。
でもって俺たちメロメロ。
そんな当たり前を一々確認してかなきゃならん時代だよね。

こんなワークショップがちっとでもオトナの再学習のチャンスになればなあと、
マジで思っています。

それにしても今回集まったオトナちゃんたちは秀逸だったな〜。

>ビスコさん。
ボクの傍若無人を尊重し支えてくれるBLUE WATER あっての時間です。
まずはそんな場所があるっていうことを大切に思われていただけたら幸いです。
そしたらまた“次”をイメージしてゆけるんですね。

しかし、まずは先日はいらっしゃって下さりありがとーー!
まったね〜〜!!
PEACE!!


|小池アミイゴ|2008/07/09 2:22 AM|










トラックバック

URL: