amigos airplane

イラストレーター&DJ、小池アミイゴ(amigos koike)本人による活動記録。
作品やイラストレーションの仕事の紹介。
唄のためのイベント「our songs」 のインフォ。

プロフィール

カテゴリー

”カフェばか日誌”について

福岡のカフェsonesと東京に住んでいるボクとの往復書簡で生まれた作品です。
テキスト:木下恵深(sones)
イラスト:小池アミイゴ

最近の投稿

最近のコメント

過去の投稿

LINKS

記事検索

ふたたび


2月の終わりに訪れた時に再び触れてきました。


春にcafe weekというイベントがあり、
夏を経過した今改めて確認しておかなきゃならないことばかりです。


しかし、
変わらぬ時の流れにただ甘えただけで帰ってまいりました。

太陽はこの季節、その店の窓の無い側に沈むので、
頂いている珈琲はそのままに店を出て西の向こうに視線を投げるのです。


そうやって踏み出した小さな1歩分だけの時をくれる場所なのだと思いました。


そんな当たり前を続けることが、やはりスバラしいのだと思いました。


郵送したイベントのフライヤーが丁寧に壁に貼られているのを見て、
好きな唄がいくつか心の中で鳴り始めました。

こんなのが唄の正体なのかもしれないと思いました。


そうやって甘えるだけ甘えて「また」と声をかけ合ってその時を去りました。


こんな時を創るのは、やっぱり人なのだなあ。

| 2008.09.27 Saturday 04:46 | カフェばか紀行 |comments(4) | trackbacks(0) |

コメント

一歩ずつ、ゆっくりと。
少しずつですが、動いてますね。
|zerokichi|2008/09/27 7:51 AM|
>zerokichiさん。
もうですね、
こんなんでいいんです。
コレ以上を求めると、人間きっとバチが当たるのです。
が、しかし、
ナニをやってやがんだ?人間なんだな。
|小池アミイゴ|2008/09/28 3:09 AM|
ありがとうございます。どきどきしました!

どうしてどきどきしてるんだろう?と思ったら、感動してるんだと、あとから気が付きました。
私は、自分の気持ちに気がつくのが、いつも遅いです(笑)

うまく表現できないので、言葉を探してみたのですが、いろいろ言うと、見当違いのところへ行ってしまいそうなので…大事にとっておきたいと思います(笑)

またお会いできますように☆
|ゆうこ|2008/09/28 1:17 PM|
>ゆうこさん。
ボクごときで感動だなんてもったいなっす。

ゆうこさんの場所で出会う、お客様とゆうこさんとの会話、
そこに生まれる空気、
スゴい事だと思いますよ。

そうそう、見当違いなところに行くまでもなく、
ゆうこさんの場所を日々愛してくれてる人に向かって、
丁寧なコトバを紡いで行って下さいね。

そうであるかぎり、またプラリっと訪れますよん。

 
|小池アミイゴ|2008/09/30 2:14 AM|










トラックバック

URL: