amigos airplane

イラストレーター&DJ、小池アミイゴ(amigos koike)本人による活動記録。
作品やイラストレーションの仕事の紹介。
唄のためのイベント「our songs」 のインフォ。

プロフィール

カテゴリー

”カフェばか日誌”について

福岡のカフェsonesと東京に住んでいるボクとの往復書簡で生まれた作品です。
テキスト:木下恵深(sones)
イラスト:小池アミイゴ

最近の投稿

最近のコメント

過去の投稿

LINKS

記事検索

トットリのううじんライブ


お昼からのワークショップの後、
参加者の多くがそのままcafe bar noppoでううじんライブに参加とのこと。

ならば、
1組だけこのまま帰らなければならないお母さんと12才の娘さんのために1曲。

cafe live だからこその自由
cafe live だからこその当たり前

音楽や唄や表現の自由
音楽や唄や表現の当たり前

トットリでも日本中でも見せてゆきたいですね!


でもって本格的に準備。

noppoくんを始め、Sさん、機材を提供してくれたボルゾイの前垣克明くん、
みんな良く働きます。


本日競演のSummer Guitar Campのjr.くん、眠ります。

こんな日常の景色の中に唄を刻みましょう!


鳥取では可笑しいくらい無名なううじんのライブによくぞいらっしゃって下さいました!

ボクらはこんな出来過ぎた現実に対して、
無欲で向き合い全力で表現しなければですね。

そうやってハジメて生まれる「ユルイ」であります。


トップバッターで唄ってくれたSummer Guitar Campのお2人。
可笑し楽しかったな〜!

30代半ばでフリッパーズギターを愛しMCは関西弁と鳥取弁のミックス。

京阪神地域を中心に活躍している方々で、
お1人はなるほど!なバンドスパゲティー・バビューン!のメンバーであって、
トットリノススメ”の主催者本間さんの幼なじみ。

こんな人間模様や土地との繋がりの中で「銀杏並木のセレナーデ」を囲んでみんなして手拍子。

鳥取の夜にこんな景色、可笑しくて、切なくて、
生きているもんだな〜、ってね。


そしてボルゾイの前垣さん。

地元“トリレーベル”で活躍。
鳥取純粋培養なポップセンスは、ボクとううじんとで顔を見合わせるほどのステキさ。

そして真ん中が非常に熱いんだな。

繊細な表現なんだけど、いつまでたっても荒削り、
アンコールでつい「風に吹かれて」を唄ってしまうピュアネス。
そんな男子の男子たる魅力一杯の人。
またご一緒したいですね。

そしてううじん。


何曲かで一緒に演奏したから、だけでなく、
この夜のnoppoのLIVEの熱がどんどん高まっていったから、
写真を撮りませんでした。

その分、リハーサル中、主催者のひとりSさんとの2ショット。

地方で無名のアーティストがcafeでライブ、
そこに多くの方が集まってくれること、
それが関わり集まったスベテの人をセレブレイトするような
素晴らしい唄の時であること、
並大抵のことじゃないよね。

思うに、

たとえば、
そのお店の方がアーティストを呼んでくださるだけでは成されない、

たとえば、
そのアーティストのファンである個人の善意で呼んでくださるだけでは成されない

たとえば、
アーティストを呼ぶのを生業をしてる人が呼ぶだけでは決して手に入れられない、

そんなことばかりです。

それは“当たり前の人と人ととのコミュニケーション”が必要ってことだと思うのです。

ヒトリヒトリの意思の交わりの中で初めて成される正しい唄の時。

noppoくんの造った場所と彼の情熱があって、
善意の第三者であるSさんの丁寧な思いが、
決してエゴを振り回すでなく品良く寄り添って、
街の人たちがそんな空気の中から何かを感じて、
それは決して大げさものじゃなくて極些細の熱ではあるけど、
“トットリノススメ”みたいなイベントに乗っかって、
良くありがちな“1人の手柄”なんか蹴散らして、

そう考えれば考えるほど有り難い“時”だね。

それをある意味ううじんというアーティストが勝ち取り、
しかし、その表現は謙虚にマックスに。

でもって、最後は集まった方々のホントに良い顔に出会えた。

幸せなことだね〜!!


そんな熱は当たり前に打ち上げの場にも。

関わり汗を流してくれたみんなに唄。

そんな一瞬一瞬の機敏。
「ボクが居てこそ」なこともちょっとはあるかもね。

とにもかくにも、ありがとうトットリ、
LOVEです〜〜!!

そして、某所に壁画を残しました。
鳥取の愛しき人よ、見つけてみてくださいね〜!

PEACE!!


noppoくんの日記

工作社本間さんの日記

う〜〜ん、もはや次ですね、次!!
でもって、やっぱアリガトーー!!







| 2008.11.13 Thursday 02:37 | カフェばか紀行 |comments(4) | trackbacks(0) |

コメント

アミイゴさん、鳥取に来て下さって、本当に本当にありがとうございました。
今回の日記を読んで、いろんなことを思いました。

コミュニケ−ションをするってこと、
ひとりの思いや熱じゃなくて、
他のひとの思いや、やり方が重なって、
そこにひとつの時間ができていくこと。

今回のイベントを通して、アミイゴさんの日記を読んで
感じたそこのこと大事にしたいと思いました。




|hoshikatatumuri|2008/11/13 4:33 AM|
>hoshikatatumuriさん。
いやいや、今回はhoshikatatumuriさんの有り様の多くを学んだですよ。
ボクにとっては発見ばかりのトットリ、こんなチャンスをありがとね〜!

最近のPoPoyansやううじんじゃないけど、
今住んでいる東京にしっかり反映してかなきゃだと思いました。
|小池アミイゴ|2008/11/13 12:56 PM|
はじめまして。
noppoのブログからやってきました。
noppoのブログに時々出てくる“小池アミイゴ”さん。
気になって、ブログのぞいて見ると・・・
なんと男性だったのですね!!
私はどういうわけか、てっきり女性の方だと思っていました。
失礼いたしました。
これから、もっともっとアミイゴさんのこと知っていきたいと思います。
また是非、鳥取にいらしてください。
突然のコメント失礼しました。
|kyana|2008/11/16 5:01 PM|
>kyanaさん。
書き込みありがとうございます。

鈴木亜美さんの存在のお陰で、
よく女性に間違えられるようです。

女心に無頓着な小池アミイゴ、つまらぬ男でございます。。

しかし、鳥取は面白い土地でございました。

また行くチャンスがあれば、是非なにかご一緒いたしましょう!

|小池アミイゴ|2008/11/17 11:30 AM|










トラックバック

URL: