amigos airplane

イラストレーター&DJ、小池アミイゴ(amigos koike)本人による活動記録。
作品やイラストレーションの仕事の紹介。
唄のためのイベント「our songs」 のインフォ。

プロフィール

カテゴリー

”カフェばか日誌”について

福岡のカフェsonesと東京に住んでいるボクとの往復書簡で生まれた作品です。
テキスト:木下恵深(sones)
イラスト:小池アミイゴ

最近の投稿

最近のコメント

過去の投稿

LINKS

記事検索

福岡でもワルダクム。が、


12月20日、大分は日田でのイベントの芯を確認したと時を同じくして、
福岡は薬院の“手作りおやつグリニョテ”さんとPoPoyansとの人の繋がりを発見。

12月19日、ライブイベントを一緒に創れるんじゃないかな?
なんて提案をしてきました。

カワイらしいお店にオレみたいな薄汚い男がヒトリで、
それだけでグロテスクな絵です。

なので、まずは提案、
その後は店主さんのコトバに耳を傾ける。

傾けていたつもりで、
う〜ん、まだまだ一方的であるな、オレ。


人ヒトリの思いの詰まった場所です。

そこでボクのような“分かっていない”ヤツがナニかを提案。

恐ろしく無神経な行為だよね。

それでも心から溢れてくる
「ここでPoPoyansの唄が響いたら喜んでくれる人があるだろう」
そんな想像。

お店という場所、
それがある街、
それを創った人、
そこで積み重ねられる日々、
そこを訪れる人、
そこで響くべき唄。

もっともっとイマジネーションとコミュニケーションを重ね、
年末の福岡で小さいけれどキレイな唄を囲む時、
カタチに出来たらなあ〜、と思いました。

そんな人と時を創る基本中の基本、
この場所で確認した、という話でもあります。

そして、買って帰ったレモンケーキとリンゴケーキ、
美味しく染みました!
そんな話でもあります。

いや、美味しかったな〜〜。

| 2008.11.17 Monday 03:24 | カフェばか紀行 |comments(0) | trackbacks(0) |

コメント










トラックバック

URL: