amigos airplane

イラストレーター&DJ、小池アミイゴ(amigos koike)本人による活動記録。
作品やイラストレーションの仕事の紹介。
唄のためのイベント「our songs」 のインフォ。

プロフィール

カテゴリー

”カフェばか日誌”について

福岡のカフェsonesと東京に住んでいるボクとの往復書簡で生まれた作品です。
テキスト:木下恵深(sones)
イラスト:小池アミイゴ

最近の投稿

最近のコメント

過去の投稿

LINKS

記事検索

『国宝 天神さま』


この夏仕事で関わらせて頂いた九州国立博物館渾身の企画展、
『国宝 天神さま』に行って参りました。

羽田へのフライトまでのわずかな時間。
西鉄大牟田線特急に飛び乗って二日市まで、
そこで乗り換えのんびりした景色に包まれ2駅、
バカっ晴れの太宰府駅到着。


蕎麦(つけ汁が甘い!)をストンと胃袋に落とし腹ごしらえ、
良く整備された九州国立博物館への道を急ぎます。

急ぎますが、どうやら裏道、、

どうにかたどり着いて、
しかし、あと20分で帰らねば、、

しかも、
招待券は東京に置いてきました。


展覧会。
面白かったです!!

とても良いキュレーションで、
学術的な歴史の面でも、人間の想像力で生まれた物語の面でも、
“天神さま”菅原道真を通して知る“あの頃”。

“九博”への道はちょっとしたワンダーランド!

展覧会は11月30日まで。



休日の半日くらいをユックリかけて、
晩秋の太宰府を楽しまれてくださいね〜。


さあ、フライト。
お!?
ああ??
福岡-羽田であるはずのチケットが、
羽田-福岡になっているではないか、、

| 2008.11.17 Monday 15:01 | 展覧会 |comments(2) | trackbacks(0) |

コメント

キュレーションって、なんですか?

バカみたいな質問ですが、気になって、気になって・・・
|miyo|2008/11/19 12:50 AM|
>miyoさん。
“キュレーション”を知る前に、
“キュレーター”というコトバがあります。

美術館や博物館などで“研究”や“管理”をしながら、
展覧会の構成などまで考える仕事です。

日本では“学芸員”なんて言いますが、
学芸員よりずっと大きな権限と責任を持って企画を進めます。

そんな方の仕事全般がキュレーションで、
特に展覧会の企画や構成の素晴らしさに対して、
「キュレーションが良い」なって言ってしまいます。

日本料理屋で言えば、
立板が学芸員であるとすれば、
花板がキュレーターくらいのものでしょうか?

う〜〜む、、違うか。。
|小池アミイゴ|2008/11/19 3:14 AM|










トラックバック

URL: