amigos airplane

イラストレーター&DJ、小池アミイゴ(amigos koike)本人による活動記録。
作品やイラストレーションの仕事の紹介。
唄のためのイベント「our songs」 のインフォ。

プロフィール

カテゴリー

”カフェばか日誌”について

福岡のカフェsonesと東京に住んでいるボクとの往復書簡で生まれた作品です。
テキスト:木下恵深(sones)
イラスト:小池アミイゴ

最近の投稿

最近のコメント

過去の投稿

LINKS

記事検索

花を描いてます


12月から2ヶ月、渋谷のSPUMAで展示します。

展示と言っても、飲食店であり、音楽の場所であるSPUMA。

楽しく心地よくドキッとしてもらったり、
まあ見るとも無くな感じでそこにあるけど、
帰り道にちょっと心が弾んでいるとかね、
そんな人との距離を保てる装飾的な展示に出来たらです。

で、花。

描けば描くほど気持ち悪いね、花。


こんなのに過去の作品やワークショップでみんなが描いた絵も加えて、
さて、品良くまとまるかな?

そんなSPUMAでは12月13日(土)OurSongs

LIVEはeliちゃんとbaobab

ゲストライブで木村華子さん。

相変わらず1500円のチャージ

三連チャンでううじんライブPoPoyansライブと続く12月真ん中辺りですが、
オレの基本はココで地味に続けて来たコト、お忘れなく!

詳細は後ほど〜!

| 2008.11.24 Monday 06:36 | イラストレーション |comments(6) | trackbacks(0) |

コメント

月之助がこの花の絵にものすごく反応してました。
「わーすてきー!!!!みせてーーー!!!!」と。
花ってグロテスクで淫媚ですよね。
子供はそういうものが大好きなんですよー。
|Monica|2008/11/24 10:39 PM|
>Monicaさん。
おお!!3才のお子ちゃんが喜んでくれた!!

こりゃホンモノだわい。

マジうれしいっす!!
|小池アミイゴ|2008/11/27 8:34 PM|
実は偶然、今さっきまでオニユリの花を墨で描いておりました。
イメージはメイプルソープの写真のような......。
頭に思い描いたとおりにはなかなか仕上がりません。
構図もどうすればよくなるのか.....むずかしいですね〜。
|ナイフ|2008/11/29 9:20 PM|
>ナイフさん。
メイプルソープの写真のようなオニユリの花の絵、
セクシーですね〜!

モノクロで描かれているのでしょうか?
カラー作品もありますが、ボクにとってメイプルソープはモノクロのイメージです。

花は性器のメタファーとして描かれることが多いですが、
ボクはあえて絵にセクシャリティーを盛り込むことを避けてきたようです。

で、年齢を重ね心も身体も枯れてきて、
恥もある程度かき切って、
女性に対する視線も直線的にSEXに向かうものではなくなり、
(もしくは本格的にスケベになった?)
そうやって今何を望むでもなく花の絵を描いてみたら、
意外やセクシャルのものになったな〜。でした。

ところで、
ボクも頭に思い描いたものは、
その大抵が打ち消されてしまうものですよ。
|小池アミイゴ|2008/11/30 4:23 PM|
アミイゴさん、いつもコメントありがとうございます。

オニユリは墨でモノクロで描いております。

私は、メイプルソープの写真には
躍動感のある被写体であっても、完璧な静寂を感じます。
そこにプラス、セクシュアリティーが加味されているような
そんなイメージを持ってます。

水墨画でセクシュアリティーを表現するなんて
まだまだそんな腕は持ってないんですけどね。

ちなみに、私の周りの年齢を重ねられた男性も
女性に対する視点については、アミイゴさんと同じような事を言ってました。(笑)
どうやら、本格的スケベのようであります。(失礼)


|ナイフ|2008/11/30 7:11 PM|
>ナイフさん。
日本でゲイが市民権を得た時代でしたね。
メオプルソープが紹介されたあの頃。

ウォホール、キースへリング、ホックニー、メイプルソープ。

「色とりどりで軽やかな革命の季節であった」

いつか歴史がそう語るのではないか?
そんな出会いの時代でもありました。

そんな中で、嘆美でPUNKでセクシーなメイプルソープの視線。
どうしょもなく衝撃でしたね。

おかしな話かもしれませんが、
ストレートな性癖にコンプレックスさえ感じました。

まあ、スケベ中年男性道をみっともなく歩き続け野垂れ死のうと思いますよ。

その前に、
「墨一色展」みたいなのに参加します。

その際は是非お越しくださいね。

今のところ、墨一色で安室奈美恵を描けぬか奮闘中です。

|小池アミイゴ|2008/12/01 4:52 AM|










トラックバック

URL: