amigos airplane

イラストレーター&DJ、小池アミイゴ(amigos koike)本人による活動記録。
作品やイラストレーションの仕事の紹介。
唄のためのイベント「our songs」 のインフォ。

プロフィール

カテゴリー

”カフェばか日誌”について

福岡のカフェsonesと東京に住んでいるボクとの往復書簡で生まれた作品です。
テキスト:木下恵深(sones)
イラスト:小池アミイゴ

最近の投稿

最近のコメント

過去の投稿

LINKS

記事検索

さらに飛びます。


ううじん「原」でチャンスをもらい空間の美術を考えています。

モビールやペインティングの鳥を飛ばすアイデアは、
10年前のクラムボンのライブでやったこと。


その10年後、こんなチャンスで作品の深化を掴めること、
うれしいですね。

SPUMAでやっている作品展では、eliちゃんやbabytearsから頂いたものを、
メチャクチャ吹っ切れたマインドで作品に昇華できたし、

結局ボクは人にナニかイメージを押し付けることより、
人と調和してはぶっ壊して、ヘタクソにしか進化出来ないのでしょう。

しかし、品の無いビジュアルイメージが跋扈して目がチカチカする現在において、
悪くはない生き方だと思います。
疲れるけど、、

そんなこんなで、
うう様から明日のリハの音源を頂いたり、
ライブ用の機材をチェックしたり、
装飾用の素材を作ったり、スキャンしたりコピーしたり、
なんやかんやで日が暮れますね。

そして今日はもう1つのイベント、
12月15日のPoPoyans企画に向けて代官山へ。
ライブハウス「晴れたら空に豆まいて」でPoPoさん出演&打ち合わせ。


そういやライブ久しぶりだったね、PoPoyans。


てか、いいね〜〜!
すげー成長したじゃん。

ボクらと九州を巡り、
東京でアーティストとして生きる意味を考え抜いてくれ、
12月15日を創造。

その後関西を巡り、
今はきっと15日のことで頭の中がグルグル巡ってるはず、

そんな先で、渾身だね。

のんちゃんが、バリバリ声出てるし、
もともとエモーショナルな人が、これがホントの姿なんだろね。

ちぇるちゃんの音楽家的スタンスもさらにキリッと立ってきて、
世間では「カワイコちゃん」だろうけど、
オレ様的には「ホンモノ」です、PoPoyans。

アンサンブルに二胡やマンドリンを加えたりで、
なかなか挑戦的でもあるね。

12月15日は、もはや予約一杯の“キャンセル待ち”。
1月には都内でワンマンもあるそうなので、是非チェックしてください!

んで、この日一緒の出演、笹倉慎介くん。


レイドバックした唄の世界を表現する20代のシンガーソングライター。

色んなことを唄っているはずなんだけど、

すべてが音楽のヨロコビ。

そして、こちらが近づこうとするかぎり詩が心にスゥっと入って来て、

なんかオトナを感じるし、人としての根性も感じるし、
その上で繊細であるし。
ホンモノだなあ〜!

「旅に出るかい?」

「いいですね〜」

だって。

そんな出合いのヨロコビで、PoPoさんとの打ち合わせもさらにクリエーティブ。
良い時が生まれそうです、1215。

でもって、明日のううじんリハの個人練習オールナイト。


何をやろうとしてるんだ!?オレ。



| 2008.12.09 Tuesday 05:17 | ううじん1214gen(期間限定) |comments(2) | trackbacks(0) |

コメント

14日にはううじんを、15日にはpopoyansとbaobabとCHUBBYを意識した何か(もちろん料理)を、イコネでつくってみようかな・・・と、たった今おもいつきました。

さて、できるでしょうか?

|miyo|2008/12/09 11:02 PM|
>miyoさん。
またまたまたまた、そんなヤキモチメニューを作ってしまうなんて、、

東京でそわそわしながら頑張りますよ!
|小池アミイゴ|2008/12/11 11:40 AM|










トラックバック

URL: