amigos airplane

イラストレーター&DJ、小池アミイゴ(amigos koike)本人による活動記録。
作品やイラストレーションの仕事の紹介。
唄のためのイベント「our songs」 のインフォ。

プロフィール

カテゴリー

”カフェばか日誌”について

福岡のカフェsonesと東京に住んでいるボクとの往復書簡で生まれた作品です。
テキスト:木下恵深(sones)
イラスト:小池アミイゴ

最近の投稿

最近のコメント

過去の投稿

LINKS

記事検索

月灯り


月の灯りの美しい夜、
大分の山香からbaobabのお兄ちゃん妹ちゃんを東京に迎えました。

今日から大切な3日間です。

それに先駆けて昨晩は軽く助走、代田橋CHUBBYでbaobabの飛び入りライブでした。


今日からの3日間にとってとても意味のある時間だったと思います。

場所の提供、時間の共有、そして投げ銭まで、ありがとうございました。


今日のSPUMAでのOurSongs特別メニューです。
****************************************
・前菜3種盛り合わせ
  若鶏のガランデ
  根菜の煮物 西京みそ風味
  しめさばのマリネ

・里芋と下仁田葱のクリームグラタン

・牡蠣と春菊のかるいクリームソースペンネッテ

・骨付き仔羊の白ワイン煮込み

デザート
・ドライフルーツと木の実のズコット
****************************************

これが届けられたのが朝の4時。
厨房ではまだ仕込みを頑張ってくれていたそうです。

この3日間を創るにあたって、
それはもう深いコミュニケーションを重ねて来ました。

その骨や血や肉となる考えは
「目の前の1人に何をどうやって丁寧に手渡すのか」

日々丁寧な言葉を届けてもらい、
ボクも出来る限りの丁寧さでお返しするウレシイ作業の繰り返し。

人に伝えるわずかな言葉のニュアンスに対して、
ボクなりに厳しい意見をぶつけたりもしましたが、
みんなガッツリ受け止め、思いがけぬ場所に打ち返して来たりでね、、
マジにガッツのあるヤツらだぜ、ベイビー。

その結果、今日のSPUMAも、明日のCAYも、明後日のCHUBBYも、
多くの方々に来て頂けそうです。
(CHUBBYは満員御礼予約終了です)

今東京で生きている女性のアーティストが、
人から与えられたものでなく、
自分たちで創り出す「当たり前」を獲得するための、
闘いような3日間だと思っています。

みんなギリギリまで眠る暇のない闘いを続けているはずですが、
お客さんと向き合った瞬間には、
表現のヨロコビに満ちた最高のヒトリであるよう、
そこで表現される唄や音楽がお月さんの灯りのように、
目の前に居るヒトリヒトリを包み込むような愛に満ちたものであるように、
そう願います。


さて、ボクも準備をしなきゃだ。



| 2008.12.13 Saturday 14:05 | カフェばか紀行 |comments(0) | trackbacks(0) |

コメント










トラックバック

URL: