amigos airplane

イラストレーター&DJ、小池アミイゴ(amigos koike)本人による活動記録。
作品やイラストレーションの仕事の紹介。
唄のためのイベント「our songs」 のインフォ。

プロフィール

カテゴリー

”カフェばか日誌”について

福岡のカフェsonesと東京に住んでいるボクとの往復書簡で生まれた作品です。
テキスト:木下恵深(sones)
イラスト:小池アミイゴ

最近の投稿

最近のコメント

過去の投稿

LINKS

記事検索

3連ちゃん1日目


リハの景色です。

OurSongs、いつものSPUMA。

ホント沢山の方に足を運んで頂いて、
ありがとうございました!!


地球に一番近づいているはずの満月さんは見えませんでしたが、
唄がスベテの代わりをしてくれました。


詳しいことは後ほど、
今日、3連ちゃん2日め、青山CAYの準備に集中しようと思います。

取り急ぎ2つほど。

SPUMAのみんな、ありがとう!
美味しかった〜!!

そして、

今日来れなかった人

残念すぎるぜ、ベイベー!


東京でもこんな夜が生まれました。

| 2008.12.14 Sunday 05:14 | 音楽/イベント |comments(2) | trackbacks(0) |

今野英明さんのレコ発LIVE!


下北沢の440。

ボクはかなり遅れて、
しかし、今野さん出演のタイミングにジャスト到着。

楽しかったですね〜!

この夜の今野英明BANDのメンバーは、
平成三木鶏郎BAND“今野英明と東京ランデブー”とほぼ一緒。
ウオッシュボードの久保勉
バンジョーのこしいしわたる
ベースの熊坂義人
アコーディオン&keyのスパン子
ギターの安宅浩司

加えて
山上ヒットミーちゃんがサックスとフルート
ドラムに金野由之、コンちゃん!!

続きを読む >>

| 2008.12.11 Thursday 12:48 | 音楽/イベント |comments(0) | trackbacks(0) |

探してみてください


ボクの住んでいる街の自慢は?と聞かれたら、
最近では「美味しいドーナツ屋があるぜ」と答えることが多いです。

そんな場所で本格的にユルくzerokichiさんのウクレレを響かせようとワルダクミ。

静かな住宅街の中のごく小さな場所です。
こんな告知の仕方でご容赦くださいませ。

| 2008.12.06 Saturday 07:19 | 音楽/イベント |comments(4) | trackbacks(0) |

music bird


渋谷区に住むようになって、

う〜ん?

10年!

FIFAワールドカップ・フランス大会だぜ!1998

1990西麻布。
今のヒルズギロッポンの足元あたりでラブタンバリンズ前夜のeliちゃんに出会った。

1994福岡。
生まれて初めて乗った飛行機で出会ったのは、唄と街と人の当たり前の関係。

1999西表島。
色んなヤツが死んだ年、南の島で生活と唄の距離を考えた。

2003福岡。
街との再会、OurSongs、そしてcafe week

2009東京。
3月6、7、8日
ボクが今住んでいる街で唄を響かせようと思います。


代々木八幡LIFE
代々木上原dish
代田橋CHUBBY

それぞれの街のそれぞれの店らしい唄の時間。

“東京のカフェライブ”じゃなくて、
“代々木八幡LIFEのライブ”であればなあ〜と思っています。

“30分歩いてみる”そんなのにウレシく寄り添う唄を響かせようと思っています。

そのために、
今住んでいる街やそこで出会う人をもっと愛するところから始めようと思います。



今日は各店の代表の方と2回目のミーティングでした。

東京、面白い!

そう思いましたよ!

詳細はユックリジックリお伝えしてゆきますね〜。

| 2008.12.03 Wednesday 03:49 | 音楽/イベント |comments(0) | trackbacks(0) |

12/19~21,PoPoyansと福岡-日田-久留米です。


日田のきりぽんさんの情熱で動き出したPoPoyans2度目の九州。
その熱をいままでイベントをご一緒してこれなかった小さな店にお裾分け。

小さな唄会で温かな時をごいっしょしましょね。


結晶12/19(金)
15:00~
周船寺cafe de Hina
「Hinaの午後の小さなクリスマスコンサート」
1000円(Hinaの焼きたてスコーン付き)
福岡市西区周船寺1-7-10
TEL.092-807-2063
       

19:00~
薬院grignoter
「PoPoyansのちっちゃなクリスマス唄会」
福岡市中央区薬院4丁目2-13メゾン薬院202
tel&fax 092-523-2788
1500円(お飲物とクリスマスマフィンのセットつき)
+300円くらいのプレゼントをお持ちください。
          
グリニョテ特製“くつしたチケット”発売中〜。
ご予約もできますよ!


結晶12/20(土)
18:00~薫長酒造酒蔵
LOVE2008~“Live A Live”
=SAKEday nighat fever=
美味しくできた新酒と、心にしみる唄声で心温まる「祝日」を!
open18:00 start18:30
大人3000円 中高生1500円(共に1ドリンク付) 
小学生以下無料
LIVE:PoPoyans,baobab,dack,shinya
ベリーダンス:jasmine jena
         
=薫長酒造酒蔵=
日田市豆田町6−31
0973-23-6262
           
お問い合わせ
アリスクロゼット:0973−22−8115
oseima:090−7983−6673
slowsmile927@yahoo.co.jp
 
主催のきりぽんさんのブログ>ラブ         


結晶12/21
~18:00久留米linen+room(30名限定)
popoyans+キャンドルナイトlive
2000円(1ドリンク付 3po cafe)
久留米市瀬下町165−2
tel&fax 0942-38-0536          

| 2008.11.30 Sunday 23:18 | 音楽/イベント |comments(9) | trackbacks(0) |

Small CIrcle of Friends「FUTURE」


Small CIrcle of Friends としては久しぶり、
9枚目のアルバム「FUTURE」が発表されました。

今まで感じられなかったダークでビターな質感も含んだズシっとしたテイスト。

幅広い人脈のオシャレな空気と一線を引いた場所で綴られたような“孤独で痛いリリック”。

原田郁子さんのsoloと同じ感じで、見てる方向が一緒だなあと感じました。

もしくはeliちゃんが伝えようとして闘ってきたこととかね。

そんな手触りの中で、前から出会いたかったサツキさんの“こんな部分”、
それにともなう“こんな唄”、
聴くことが出来たように思います。

とは言っても重苦しい作品であるはずもなく、
貫かれているのは相変わらずのハイセンスな音と言葉のコラージュ。

偶然買ったBenny Singsの3年前のLIVEアルバム「i Love You」
それとの流れがオシャレにバッチリで、
冷え込んできた東京の毎日をHipに温めてくれてます。


サツキさんは自分のブランドも立ち上げネットでの展開も始めました。
そちらも是非にチェケラッチョー!>75 CLOTHES

| 2008.11.23 Sunday 05:54 | 音楽/イベント |comments(0) | trackbacks(0) |

mue 1st album「Closet」LIVE、そして


東京の宝、mueさんの1st.album が発表され、
そのレコ初ライブに渋谷7thFLOORへ行ってきました。

museyとして3枚のアルバムを出しているmueさんのsolo 1st.アルバムですね。

メンバーはアコースティックギター&唄のmueに加え、
神谷洵平(drumrs)伊賀航(bass)塚本亮(piano)岩谷啓士郎(guitar)


アルバムは“月球”のメンバーである神谷洵平さんとの共同プロデュース。


「アコースティックでサウダーヂ」そんな枕詞を振り切って、
ある意味ROCKなサウンド。

静かではありますが、カッコ良く熱いです。

このメンバーでのライブであれば、
ガツっと音圧のある箱で浴びてみたいね、mueの音楽。

唯我独尊な活動で作品を創りライブを重ねている彼女。

地方から東京に来た際に彼女のライブがあれば、是非参加されてみてください。
ボクが呼吸してる東京はこんなです。

そしてもう1人ボクが東京感じる人、
今野英明さんのメジャーデビューアルバム!!

「ぼくにできること」

堂々発売されました!!

気心知れたメンバーによるバンドサウンドに乗せ、
実に気持ち良さそうに唄っております。

スカッと染みてくるぜ、コンちゃんの唄!!

| 2008.11.22 Saturday 05:17 | 音楽/イベント |comments(2) | trackbacks(0) |

a little star


ちょっと乱暴な言い方かもしれませんが、
ボクの続けて来たイベントOurSongsに新しい命が産まれてくれました。

東京のミソッカスのような位置で唄っていた女の子が、
しかしOurSongsではみんなの愛を勝ち取って、

ボクらはただ彼女の唄を大切に思い、育つのを見守り続け、
厳しさや痛さなんかもひっくるめて愛を深めてきました。

そんな彼女はプライベートで掛け替えのないパートナーを得て結婚。
大変な困難に向き合いながら(上手くコトバにする術をボクは持ちません)出産。

そこに至る闘いを、やはり彼女の真摯な唄に接するのと同じく、
ボクらは胸を締め付けられる思いではあるけれど、
ただただ大切に思い見守り続けてきました。

1つの命(彼女の場合2つの命!)の誕生がこんなにウレシイなんて!

そんなウレシさに出会うのと時を同じくして、
やはりOurSongsで育ってくれた唄が、
OurSongsとは別の場所で美しく立ち上がってくれました。


ボクらは恐ろしく不器用で、
世界がボクたちに押し付ける“幸せ”とは無縁の場所に立ち、
しかし大きく呼吸するようにして、
お互いの表現や日々の思いを尊重し合えて来れたようです。

こんな小さな豊かさを確認するために、
OurSongsという時間を重ねてきたんだと思います。

こんな唄もやはり、
喜びも痛みも悲しみも怒りもなんもかんもひっくるめてOurSongsという時で共有。

ボクらは改めてそんなんじゃなければ愛は育たないことを、
小さな唄会で確認し続けてこれたんだと思います。

生きてゆくのに息苦しく感じる時代です。
語るべき夢も見つけづらくなってゆくばかり。

そんな世界に勇気を持って生まれてくれた小さな命や唄は、
顔の見える関係のボクらミンナで大切に育ててゆかなければならない、
そんな時代なのかもしれませんね。

小さな命の誕生に一緒になって心を奮わせ続けてこれた、
小さな唄を大切に囲みあったミンナを、
ボクは誇りに思います。

何より、

babys、おめでとう!

やっぱウレシくて仕方ないのだ。

LOVE
2008
&
Dreams

| 2008.11.21 Friday 03:42 | 音楽/イベント |comments(2) | trackbacks(0) |

千春さんのレコーディング


シンガーソングライターの千春さんのレコーディングのお手伝いをしてまいりました。

ちょっと遠回りをしてきた彼女にとって初めてのアルバム。
ヨロコビの1枚ですね。

そんなのが産まれる現場に立ち合えること、幸せです。

東京の真心、池ノ上Bobtailを使ってのレコーディング。

店主Hさん渾身のプロデュース。


ボクはアルバムの中のボッサテイストな1曲にシンセで彩色。

千春さんのビターな世界観とHさんのぶっ飛んだセンスと、
エンジニアリングでの豊かなアイデアとで、
ボクも久々に音楽的に新鮮で面白い仕事が出来ました。


「音楽的」て言うより、
「こういうのって“Make Love”だよね」なんてね、
初めて出会った千春さんの唄に対する恋心を空に放り投げ、
後はあまり口に出来ないような作業です。


Hさんがおおはた雄一くんやううじん続いて「やる」と決めたアルバムです。
東京のアコースティックな表現の中で甘っちょろくないヤツ。
春の始まる頃、みなさんに是非出会ってみてください。

ステキです、千春。

| 2008.11.20 Thursday 06:20 | 音楽/イベント |comments(0) | trackbacks(0) |

1215PoPoyans企画ライヴ


PoPoyans企画
「大きな森の木の下で」“森へのみち番外編”

・代田橋“CHUBBY

・12月15日(月)

・open19:00 / start 20:00

・料金2500円(チャビ子さんの森のご飯・飲み物付き)

・LIVE:PoPoyans/baobab

・ゲストライヴ:ううじん

・特別出店“森のお店” 

・NARANTUM:花松あゆみ

・企画大協力:小池アミイゴ(まあ、力仕事全般な、)

!)ご予約はinfo@popoyans.comまでお願いします


以下、PoPoyans2人のコトバ。

*PoPoyansの「森へのみち」

下北沢leteで不定期にひっそり続けて来たこのライヴは、
「深い森を歩くように唄っていきたい」という二人の想いから名付けられています。

活動を始めて1年半。
森の道で沢山の喜びや、怖れと出会いながら唄ってきました。

今年10月、初めてのツアーで九州を回り、この旅がPoPoyans
に新しい風をくれました。

唄の旅を共にしたbaobabとううじん、そして熊本・大分・福岡で出会った沢山の人やお店。
土地と人と唄がひとつの輪になっていくような日々を過ごし東京に帰って来ました。

そして今度は今暮らしているこの街で、受けとったものたちを自分たちの手でつくっていきたいと想いました。

12月15日、今年の終わり近づく夜に
“森へのみち番外編”「大きな森の木の下で」を開催します。

森の途中の大きな木。
それは出会いが繋げてくれた代田橋・CHUBBYというお店に立っ
ています。

その木の下で、唄とご飯と雑貨を準備して、集ってくれる皆さんを、お待ちしています。

この夜に出会える皆さんと、晴れやかに先へと歩いていける夜になりますように。

続きを読む >>

| 2008.11.08 Saturday 05:55 | 音楽/イベント |comments(0) | trackbacks(0) |

| << | 2/13 | >> |