amigos airplane

イラストレーター&DJ、小池アミイゴ(amigos koike)本人による活動記録。
作品やイラストレーションの仕事の紹介。
唄のためのイベント「our songs」 のインフォ。

プロフィール

カテゴリー

”カフェばか日誌”について

福岡のカフェsonesと東京に住んでいるボクとの往復書簡で生まれた作品です。
テキスト:木下恵深(sones)
イラスト:小池アミイゴ

最近の投稿

最近のコメント

過去の投稿

LINKS

記事検索

谷中「茶ノ間」から上野動物園へ


昨日は谷中の「茶ノ間」でワークショップ。

上野動物園まで歩いて行って動物をスケッチしました。


谷中の隣は谷中墓地、桜の名所です。

谷中の隣は上野桜木という地名、
そして東京芸大、東京音大、上野公園、上野恩賜動物園、
桜の乱れ咲きです。

さっそく満開の谷中桜。



そんな喧噪に心乱されてなるものかと、谷中雲。

目にサクラバナ、心に太陽。

ここのところのポカポカ陽気が一段落した冷たい空気を切って、
20分ちょっとの散歩道をGO。

続きを読む >>

| 2008.03.30 Sunday 22:47 | ワークショップ |comments(3) | trackbacks(0) |

谷中「茶ノ間」のワークショップ


昨日、東京谷中「茶ノ間」でのワークショップ。
良く晴れた、しかし冷たい空気の谷中の午後は気持ちよかったよ〜。


今回で2回目。
寒くても外へ出てスケッチ。

最近のみんな、パソコンでなんでも簡単に検索出来ちゃうからちゃんと街を見てない!

「これはケシカラン!」とね、ちょっとの時間だけど谷中の街に飛び出して、
笑顔を感じるデザインを発見、その出会いのヨロコビをシンプルな線で紙一杯に描く。

そんな作業。


1歩動けば、ちょっと横を向けば、ふと見上げれば、見過ごしてきたピースなデザインで溢れているでしょ!

それは、この街に住む人々が、そこに住む人にだけでなく、通り過ぎる人にも心を砕いた店や家の佇まいを心がけているからです。

道行く人の佇まいだって、軒先にちょいとかけてあるナニかだって、
良い意味で「世間体」を意識した「粋」であるってことだね。


だからみんなは、その発見に驚き喜び、そのエネルギーの一番ピュアなところだけを便りに手を動かせばいいのです!

「描きたいものを描き、描きたくないものは描かない」
そう、紙の上では王様、道の上では一番小さな存在。
そんなんが軽やかな表現者のあり方だぜい!

続きを読む >>

| 2008.02.17 Sunday 18:13 | ワークショップ |comments(7) | trackbacks(0) |

2/16“茶ノ間”でワークショップ


東京、谷中にあるフリースペース“茶ノ間”でのボクのワークショップ
太田友紀さんが唄でも参加してくれ、参加者募集中です。

東京にあって奇跡的に江戸を感じさせる街、谷中を散策。
出会ったカタチをごくシンプルな線でスケッチ。

それをああしてこうして、映像にまでして、

出来た映像作品を前に太田友紀さんが唄ってくれます。

その模様をさらにビデオ撮影。

さて、どんな作品に仕上がるでしょうかね?


寒い季節なものでまだボチボチの参加希望者だそうですが、まあいいや。

寒さに負けず街を歩けちゃう方、
オシャレな、でも温かなカッコウでもって参加してみてくださいね〜。

| 2008.02.10 Sunday 16:45 | ワークショップ |comments(10) | trackbacks(0) |

峰岸達イラストレーション塾


昨日は雪振る中セツモードセミナーの大先輩峰岸達さんの、
峰岸達イラストレーション塾の高井戸校舎におじゃましてきました。

高井戸校舎、実は峰岸さんの自宅兼仕事場です。

そこへイラストレーターの平澤一平くんと一緒にゲスト講師のようなカタチで招かれたわけでね。

雪のせいでちょいと遅刻。

井の頭線高井戸駅から神田川沿いに5分くらい。
16時の高井戸は冷たい空気に包まれていても、
歩くのがシットリ楽しい街です。

そして瀟酒な造りの峰岸邸。

素敵です。

続きを読む >>

| 2008.02.04 Monday 23:02 | ワークショップ |comments(12) | trackbacks(0) |

沼津BLUE WATER でのワークショップ


品川から新幹線こだま号で三島まで50分。
東海道線に乗り換え1駅、沼津駅からは徒歩で10分。
お昼30分前に快晴のBLUE WATERに着きました。

正午、
ワークショップ参加者と河原までブラリンと散歩のような、ピクニックのような時間。



河原ではBLUE WATERスタッフが、弁当と温かいスープとお茶を用意してまってくれていて、
まずはみんなして昼メシ。
いただきま〜〜す!


空はさらに晴れ上がり、弁当は美味しく、
さて?今日はナニをやる日であったかな?

街を歩き、太陽の下でみんなしてゴハン。
それだけでも充分な日曜の午後です。


食べかけ失礼。
「カボチャサラダとジャガイモのオムレツのサンドイッチ」
「サーモンマリネにサワークリームとカツにトマトソースのサンド」
「ジャガイモとブロッコリーとビーフのカレー風味キッシュ」
「ミネストローネ」
「巨峰」

ごちそうさま!
後はもう昼寝ですかね。

え?
絵を描かなきゃ、、

ですねー。

続きを読む >>

| 2007.10.22 Monday 02:20 | ワークショップ |comments(4) | trackbacks(0) |

雨も上がって動物園に行ってきました。


気象庁発表の降水確率80%。
フン、とるに足りないヤツだぜ、降水確率くん。
次からは120%でも200%でも良いからかかってきなさい。

「アミイゴ晴れ男伝説」が強固に証明された10月8日、
午前10時にカフェsones集合。
約30名、歩いてウンダラリンと動物園に向かいました。

続きを読む >>

| 2007.10.09 Tuesday 14:52 | ワークショップ |comments(2) | trackbacks(0) |

8月26日cafe“7”ワークショップ作品展

上手いです!


これが描けない自称イラストレーターばかりっす。
ふくだしょうこさんの作品。今回の「ピカ1賞」です。

この日は46名もの参加者でカフェが溢れたワークショップ。
大声でしゃべり続けるボクは喉ガラガラで、
ビックスドロップ4粒舐めながら進行。

その甲斐あって「一本の線ワークショップ」も、
「人の顔見てビックラこいて絵にするワークショップ」も、
個性的な作品のオンパレード。

その中で、いつも人の目を見てホガラカ接客の彼女、
サスガ(!)の観察眼を発揮してくれたのでしょう。

ボクたちイラストレーターはも見習うところばかりですね。

で、「オカシイで賞」


山口慎涼くんの作品。
描いてるところを見てたけど、てか、どうしても目が行ってしまう、、
てのは、スゲー楽しそうにゲラゲラ笑いながら描いてるわけで、
なのに“狙った感”の感じられない“無垢な下手クソさ”が、、
う〜〜ん、これも見習うべきところばかりだぞ!

このぶっ飛んだ2点以外にも、パラパラ 眺めて気になったヤツはこちら↓

続きを読む >>

| 2007.10.06 Saturday 04:34 | ワークショップ |comments(1) | trackbacks(0) |

ワークショップ参加者募集中です。


「AASで行く動物園0泊半日テクテクツアー」
アミイゴ×アトリエ ブラヴォ×ソネス ワークショップ
“白クマ色 は どんな色?”

10月8日(月)体育の日
福岡薬院のcafe sonesから市立動物園までスケッチピクニック
(雨天の場合はJOY倶楽部「アトリエ ブラヴォ 」見学&ワークショップ)
参加費:2500円(お弁当、終了後のイコネでのお茶代)
●10:00sones集合。
●16:00〜17:00終了予定。

↑ゾウ様の絵はアトリエ ブラヴォ の本田くんが描いたものです!
↓ナニをやるかは続きを読んでください〜。

続きを読む >>

| 2007.10.04 Thursday 04:05 | ワークショップ |comments(0) | trackbacks(0) |

岡山mai maiでのワークショップ


福岡から「晴れ」を連れて東へ。
24日は「音楽にまつわるイラスト原画展」を開かせて頂いている、
岡山市の問屋町に店を構えるcafe mai mai でのワークショップでした。

大阪にあったコンテンツレーベルカフェの繋がりで出会ったRさんが頑張って創ってくれた時間、
ならばボクも頑張らねば!なのです。

岡山、初めてです。
ユルいです、岡山。好きだななあ〜。

「あまり集まっていなくて、、」とRさんが心を砕いてくださっていたのですが、
なんのなんの、20名も集まってくれてるじゃないですか!

mai mai 広いcafe です、その一部のスペースをお借りして、
しかし周りは営業中の喧噪の中、必死こいて声を張り上げてスタートです。

続きを読む >>

| 2007.09.26 Wednesday 02:48 | ワークショップ |comments(2) | trackbacks(0) |

東京谷中「茶の間」ワークショップ


昨日は15時から18時まで「茶の間」でワークショップ


千駄木駅から三崎坂を上る真夏日の9月15日、
それでも突然吹き抜ける風は秋のそれで、
暑過ぎた夏の照り返しのような陽気の中にあって、
谷中の街はやはり優しいのです。

続きを読む >>

| 2007.09.16 Sunday 04:46 | ワークショップ |comments(0) | trackbacks(0) |

| << | 2/2 | |