amigos airplane

イラストレーター&DJ、小池アミイゴ(amigos koike)本人による活動記録。
作品やイラストレーションの仕事の紹介。
唄のためのイベント「our songs」 のインフォ。

プロフィール

カテゴリー

”カフェばか日誌”について

福岡のカフェsonesと東京に住んでいるボクとの往復書簡で生まれた作品です。
テキスト:木下恵深(sones)
イラスト:小池アミイゴ

最近の投稿

最近のコメント

過去の投稿

LINKS

記事検索

和田誠さんの展覧会、そして、


銀座の文藝春秋画廊で8日までです。
和田 誠“週刊文春表紙画展”

ぎりぎり間に合いました。

31年間、毎週描き続けた「週刊文春」のガッシュによる表紙の絵。

ザ・イラストレーション!です。

画集、値段も見ずに買いました。

たったの9950円でした。

31年前と今とがこれだけブレ無く新鮮である方、

困りましたね、、

ガツンとやられて腰砕けです。

腰が砕けても、
やっぱイラストレーション頑張るしかネエっす。。

続きを読む >>

| 2009.01.07 Wednesday 04:38 | 雑記 |comments(6) | trackbacks(0) |

OOOOSAKO!!!


横浜のニッパ三ツ沢スタジアムに
サッカーの高校選手権“鹿児島城西高×滝川二高”の試合に
行ってきました。

目的は来期“Jリーグ王者”鹿島アントラーズに入団が内定している、
日本サッカー界待望のストライカー、大迫勇也くん。


彼だけ違うスポーツをしているようでした。

彼がボールを持つと時間の流れが変わりました。

1点目のゴールは身体のスベテを使ったドリブル突破から、
短い足の振りで20メートルをズドン。

スタジアムのあちこちから「うめ〜〜!」と感嘆の声。

2点目はゴールキーパーを引き出す動きを見せつつ、
チョンとアウトに掛けて芸術ループ。

スタジアムは沈黙に近いため息。
その後、「すげー」「うめー」とざわざわ。

スタジアム全体で怪物を目撃中です。

そのループシュートのスキルフルな面ばかり
注目されるかもしれませんが、

その3分くらい前、城西のゴールキックの際、
大迫勇也だけゴールキーパーの位置を確認してたのを
ボクは見逃しませんでしたよ。

広い視野と空間に図形を引くようなイマジネーション溢れるプレイ、
6−2と一方的な試合展開になってしまったので、
激しい運動量でどれだけ守備が出来るのか?確認出来ませんでしたが、
まずは4試合連続2得点の記録を達成!
大会新記録の10ゴールに期待も膨らみます。

ただ、記録以上にアントラーズでのリーグやアジアでの活躍や、
日本代表を新次元に引っぱる推進力を発揮してもらいたいですね。

2003年に国立競技場でスーパーゴールを見せつけられた、
現在大会ゴール記録を持っている平山くんのヌルい成長みたいなのは、
嫌だな。。

柳沢の総合力に比べられたりもしますが、
釜本越えてきましょう!大迫くん。

鹿児島城西は他の選手も魅力的で、
次戦ボクの生まれた群馬代表の“前橋育英”との闘い、
とても楽しみです。

前橋育英は大会屈指のダブルボランチで守備の安定したチーム。
得点には繋がっていないけれど、攻撃力もありバランスは今大会で一番なんじゃないかな?

その日はスタジアムに行けないけど、
どっちが勝っても初めての進出。

国立のチケットとっておこうと思います。

それにしても、昨日のニッパスタジアムに来ていたコドモたち、


いいもん見たよな〜!!

そんなコドモたちの未来こそが楽しみな、
大迫くんのプレイの数々でした。

| 2009.01.06 Tuesday 10:07 | 雑記 |comments(2) | trackbacks(0) |

1/10心からおめでとうのOurSongs



1月10日(土)
OurSongs、いつものSPUMA“心からおめでとう”
   
=同時開催=
小池アミイゴ作品展「flowers&songs

・open:19:00~
・¥1500+ Food & Drinks Order

・LIVE:babytears , eli , 千春
・DJ:小池アミイゴ

*SPUMAキッチンズ提供の“OurSongs特別メニュー”

2008年に育てたアサガオの種おすそ分け

=SPUMA=
渋谷区神南1-17-4神南ビルB1F
03-3770-8657
(!なるべく予約されてくださいね〜)

前回SPUMA一杯に集まって下さったみなさん、
ありがとうございました。

2008年の秋から暮にかけては、
ボクの生きて来た中でも最も丁寧な内容の詰まった時を過ごすことが出来ました。

2009年“いつもの”SPUMAでのOurSongs1回目は、
いつものようにまた原点に戻り、
小さな唄のひとつひとつを大切に、
スゥーっと深呼吸して新しい1年に臨む、
そんな時にしようと思います。

こんなことの積み重ねの先に、
いつか去年の暮れに感じた心の静けさねに至ればいいなと思うのです。

・babytears みちこの唄を you-taちゃんのピアノでユッタリたっぷり。
この場所で痛い事や辛い事までシェアしてきたbabytearsの唄を囲み、
心からの「おめでとう」を交歓したいですね。
MySpace

・2008年もeliちゃんのritaが心で鳴らなかった日は1日もありませんでした。
“いつも”の場所で深化してゆくeliちゃんの表現に、
ボクたちの深化も共鳴。
2009年も新しいeliちゃんに出会ってください。
MySpace

千春さんは先日レコーディングをお手伝いしたシンガーソングライター。
きっちり孤独で唄う姿に、
ジャンルを越えてeliちゃんたちと通じるナニかを感じ、
今この瞬間のOurSongsで唄ってもらいたいと思いました。

*前回、試食で出されたゴハンを脇目も振らず食ってしまった
“SPUMAキッチンズ提供のOurSongs特別メニュー”

毎回OurSongs参加者の意見を反映しつつ、
SPUMAスタッフの“ヨロコビ”が何よりの旨味として、
回を追うごとに“作り手の顔が見える美味しいゴハン”に成長してくれています。

今回は“去年産まれたウレシいニュース”と“年の始まりのヨロコビ”を掛けて、
さて?
10日が楽しみです!

*作品展は12月14日に青山CAYで行われた“ううじん「原」”での作品を加え、
1月一杯までの展示となります。

今回のSPUMAのマンスリーのフライヤーでは、
そんなボクのモノクロの作品が上手いこと加工され、
年の初めにふさわしい鮮やかなデザインに!

こんな感じの方向性を意識して描いたので、
ウレシいです!

以下、
千春さんの処女アルバムの2月発表に向けお願いされたボクのコメント。
(R-18指定です、、)

続きを読む >>

| 2009.01.04 Sunday 16:05 | 音楽/イベント |comments(2) | trackbacks(0) |

Uターン


元旦の午後から2泊で帰省してきました。

新宿から快速で1時間40分、
そこから乗り換えて15分。

赤城山、榛名山、妙義山に囲まれた広大な土地です。
この季節はカラカラに乾燥しています。


小学2年生になる甥っ子が絵を描いてくれました。


母-ボク-妹のポートレイトです。

やれやれ、家族ってヤツは、、


2日間とも早起きをして少し街を走りました。

澄んでキンと冷えた空気が気持ちよかったです。

2日目は甥っ子2人も一緒にジョギング。

特別な事は何もやらなかったけど、
良い正月になりました。


東京に戻るともはや夕暮れ、
さらに空気はキリリと澄んで、
月と金星がピンと張った1本の糸で結ばれているかの様にして、
西の空に美しく輝いておりました。

年末から正月にかけて、東京は何時もより静かに思えました。

景気が悪いからなのかな?

その分、空気は澄んで人も月も星も穏やかに見え、
不況だって悪い事ばかりじゃないじゃん。
そう思ったのです。

| 2009.01.04 Sunday 01:13 | 雑記 |comments(4) | trackbacks(0) |

| << | 3/111 | >> |