amigos airplane

イラストレーター&DJ、小池アミイゴ(amigos koike)本人による活動記録。
作品やイラストレーションの仕事の紹介。
唄のためのイベント「our songs」 のインフォ。

プロフィール

カテゴリー

”カフェばか日誌”について

福岡のカフェsonesと東京に住んでいるボクとの往復書簡で生まれた作品です。
テキスト:木下恵深(sones)
イラスト:小池アミイゴ

最近の投稿

最近のコメント

過去の投稿

LINKS

記事検索

トットリをススム


着陸態勢に入ったANA機は海岸線に沿って鳥取空港に向かいます。

窓から見える海は鉛色、
押し寄せる白い波頭が険しい海岸線にぶつかる碎ける様子、
日本海、最高です!

トットリノススメ”というイベントの一環で呼んで頂いた人生初鳥取。

携帯をなくして「さて、」なボクでしたが、
空港に今回のイベント企画者の1人Sさんがお友達の車で迎えに来てくれてました。

あわせて、
「これぞ山陰!」日本海の重い曇り空も迎えてくれました。

悪口ではないですよ、
曇り空好きのボクとしてはなんともウレシイ空のデザイン!

ついでに言えば、放送禁止にさせられてしまった“裏日本”てコトバのヒビキ、
これにもゾクッとくる魅力を感じるんです。

「裏日本、山陰の鳥取、それを覆う灰色の重い雲」
いいじゃないですか!

ダメかなぁ、、

では鳥取人の気質は?

1年中こんな天気の山陰にあってさぞや陰湿な気質?

いやいや、出会う人みんなオシャレでフランクで、
だからと言ってコチラ側にズカズカ入ってくるでもなく、
なんだろなぁ〜、なんとも懐かしいような人たちでした。

「まずは昼メシを」と連れていってもらったお店nee

“トットリノススメ”の主催者の1人、
建築&グラフィックデザインの“工作社”さんがデザインされた店。


cafeを営みながら「東京人ビックリプライス」の総菜弁当を街の方に提供しています。

そこで働いている方々の顔が良くてね〜!

続きを読む >>

| 2008.11.11 Tuesday 22:17 | カフェばか紀行 |comments(1) | trackbacks(0) |

トットリを歩いた


鳥取市は終戦の2年前、1943年9月10日の大地震で崩壊しました。


太平洋戦争での米軍の空襲はありませんでしたが、


震災から9年後、1952年(昭和27)4月17日の大火で街の半分が消失しました。


街の復興に際して、国からの指導により全国に先駆け、
市街地の主要な建物を鉄筋コンクリートによる耐火仕様にしたそうです。


高度経済発展時期のわずか手前で起こった“街の素材的革新”

しかし、そのデザイニングのほとんどが“人の情”で構成されてしまったのでしょうね。

続きを読む >>

| 2008.11.10 Monday 03:25 | カフェばか紀行 |comments(2) | trackbacks(0) |

トットリに着いた


ケイタイなくしました。









| 2008.11.09 Sunday 01:39 | カフェばか紀行 |comments(0) | trackbacks(0) |

soda











| 2008.11.02 Sunday 14:53 | カフェばか紀行 |comments(0) | trackbacks(0) |

トットリノススメ


去年福岡で出会って、今年の春のcafe weekをご一緒した鳥取の人たち。

ご一緒したといっても、ボクがやったことと鳥取の方々がやったことととで、
直接ナニかが関われたわけでなく、
いつか鳥取に伺ってみなさんの顔を見るだけでも出来たらいいな、
なんて考えていたところ、

ボクの「“みんなで絵を描くワークショップ”を是非鳥取でも」と声を上げて頂き、
それなら「ううじんさんのライブの是非に」ともおっしゃってくださり、
11月3日から12月7日までの間に行われる、
鳥取の街を見つめて楽しさを創造してゆくイベント、
トットリノススメ”の一環として呼んでいただけるコトになりました。


そのホームページ(< click!)やリーフレットが出来上がったみたいなので、
まずは触り程度のご紹介。

シッカリとした目的意識とオーガナイズを感じますね。
関わる方々の顔が見えてくるデザインや編集もステキです。

そんな中でボクがやるのは11月9日の「ユックリトットリ」

ボクが鳥取にお住まいの方々を引き連れ観光案内。
そこで発見したものをコトバに変え絵にしてみようと思います。

ところで、
そもそもボクは鳥取に行ったことが無いので、
さて、どんな観光案内が出来るでしょうか?楽しみですね。

出来上がった作品でううじんライブのステージを飾れたらなあと思っています。

詳細はまた後ほど〜。

地方でのこんなアクションこそが面白い時代だと思います。
チャンスがある限り参加させて頂きたく思っていますし、
企画からのお手伝いも出来るはずですので、
まずは声をかけてみてくださいね〜。

| 2008.10.27 Monday 04:39 | カフェばか紀行 |comments(7) | trackbacks(0) |

ひまわるつきめぐる


今年cafe week で生まれたアクション
かわいい花に旅させた。そして、

ボクもアサガオや黄色コスモス、ラディッシュなど育てて、
割とマメにブログアップしていったのですが、


どうにもヒマワリとの関係が難しい、、

意識の中で確率されちゃているイメージやデザインを壊せないでいる自分。
なんつーか『飛び切りグラマーなカワイコちゃんなんだけどタイプじゃない』
「ごめんよ、ヒマワリさん、、」そんな感じ?



そんな関係のまま夏が過ぎ、秋も深まってきた先日、
ある曲との出会いに「なるほど〜」
見上げた空にお月さんでさらに「なるほどー!」

そうだよな、ヒマワリさん。
眩し過ぎて君のことちゃんと見えていなかったんだ。

そう思えた時すでに、ヒマワリは枯れていたのでした。

モーリス・ラヴェル「クープランの墓」 
Le Tombeau de Couprin / Maurice Ravel

ある一方向からのイメージだけで考えてしまうと、
大切なモノを見落としてしまうというコトですね。

花ブログではこんな感じでまとめました>*flower

まだまだ洗練には至れないし、
そもそもココに至るまでの戸惑いを見せるのか?隠すのか?
そんなところも難しいですね。

| 2008.10.21 Tuesday 22:37 | カフェばか紀行 |comments(3) | trackbacks(0) |

LIFE日和/Blossom晴れ


ボクの住んでいる街にあるイタリアンレストラン“LIFE

外食僻地だった土地に5年前に生まれてくれて、
そこで食事をしている人たちがいつも幸せそうなのと、
店内に流れている音楽がボクの知り合いだったり好みだったりするのと、
何よりここでの食事が肌に合うのとで、
最近良く利用させてもらっています。

ボクの紹介したううじんを気に入ってくれ、
オーナーシェフ相場さんが組んでくれた食事と唄の時間。

彼の叔父様ご夫婦で営まれている栃木県飛駒の山の中のカフェレストラン“Blossom”で開催です。

朝8時、東京を出発。

今年に入ってからの“異常晴れ男伝説”継続中です。

相場さんの運転で2時間弱、

利根川を渡り、渡良瀬川を渡り、飛駒川を渡り、そろそろ到着です。

続きを読む >>

| 2008.10.20 Monday 00:23 | カフェばか紀行 |comments(0) | trackbacks(0) |

弱者の遠足


3連休の最終日は体育の日。
池ノ上に在る『東京の良心』LIVE BAR“bobtail”のバス遠足のお誘いを受けました。

夜にばかりすれ違うお客さんやアーティスト、
総勢30名ほどと秋晴れの日の午前に渋谷で待ち合わせ。

恥ずかしくて目を合わせられないどころか、
みんなホントに生きてるのが不思議な感じです。

代理店の仕切りがガタガタで遅れて出発し目指した先では、
多くのお店がシャッターを閉めて歓迎してくれたり、


皮を剥がされたモノどもが日に干され微笑んでくれたりでした。


10月13日にして太陽の力を感じる土地です。


昼メシはこの地で一番のレストランを予約。

のはずが、
旅行代理店、ここでもチョンボ。
自分のメシは自分で。
自由であること素晴らしいです!

バスの運ちゃんは駐車場が無い上のコンビニ弁当で膨れっ面。
なかなかチャーミングでしたよ!

続きを読む >>

| 2008.10.15 Wednesday 00:47 | カフェばか紀行 |comments(5) | trackbacks(0) |

福岡OurSongs。そして、


たっぷり唄と人の情を浴びた翌日、
初九州のPoPoyansと「何度か来てるが、」のううじんをひっ捕まえて柳橋連合市場へ。

博多の台所を支えている場所で海鮮丼650円とゴマ鯖を注文。
ビールは我慢して食べる。


若いネーチャンなのにしっかりした味覚を持ってるヤツらだぜ。
「美味しい!」の大絶叫が清々しいやい。

この旅初めてホッと出来た瞬間かもね。

「何度か来てるが、」のううじんも涙目になって食ってるぜ、
今までこんな場所教えてやらずにゴメンヨ〜、、

さて気分がいいぞ!とお大尽タクシー移動でJOY倶楽部プラザへ。

アトブラメンバーはお休みなんだけど、
ともかく見学してみようぜ!とね。

そしたら、
絶対使うまいと思ってきたコトバだけど“奇跡”の、
奇跡のセッション!
ううじん、PoPoyans×JOY倶楽部ミュージックアンサンブル!!


めちゃくちゃ楽し過ぎて、泣けた、、


このセッション、メチャクチャ可能性あるよな。
ギタープレイがシッカリしてるから全体がブレないしね。

こりゃいつかマジでやりましょう!
ミュージックアンサンブル×OurSongsクルー!!!

てか、レコーディングもいけそう!

なんていう壮大な妄想を抱きながらも移動せねば。

cafe sones 10周年を祝うべく博多百年蔵へ!

続きを読む >>

| 2008.10.12 Sunday 23:22 | カフェばか紀行 |comments(2) | trackbacks(0) |

OurSongsは終わるはずがない


今回のOurSongsで是非やりたくて出来なかったこと。

若いヤツらがガンバっているcafe“”からのケータリング。

ボクはこの店が元気じゃなけりゃ福岡はダメになると思っているからね、
ならば春にやったことの「今」に出会いたかった。

結果、
「今は通常営業をガンバらなきゃならない時なので今回はお断りします」って、
ある意味逞しさを感じさせるレルポンス。

残念だけどウレシくもあるぜ!

ならば乗り込むぞ!OurSongsクルー“7”へ!!


打ち上げとは名ばかりのもう1つのOurSongs。

続きを読む >>

| 2008.10.11 Saturday 04:13 | カフェばか紀行 |comments(2) | trackbacks(0) |

| << | 3/12 | >> |